バンコク プラトゥーナム市場からパヤータイまで散策する

バンコクのプラトゥーナム市場

プラトゥーナム市場はプラティナム・ファッションモールの向かい

プラティナム・ファッションモールはクーラーの効いたショッピングモールですが、Pratunam(プラトゥーナム)市場はクーラーが効いてない市場です。

洋服、靴、バッグ、アクセサリーなどを卸値で販売する大規模な市場です。6㎡ぐらいの店舗がぎっしり並んでいて、細い通路までも店舗がずらりと並んでいます。

ナイトマーケットで見かけるような商品がほとんどですが、卸しだけあって断然安いです。60B~。広すぎて元の場所に戻れないですから気に入った商品があれば即買いです。仕入れに来ている人も多いですし、観光客よりは地元の方が多いです。夕方にはシャッターをおろす店舗もありますが、シャッターのおりた前に別のお店が並びます。こちらの方がさらにリーズナブルです。

デザイン性

デザイン的な商品を求めるなら、向かいのプラティナム・ファッションモールの方をおすすめします。クーラーが効いているし、フードコートもあるので、買い物はしやすいです。

プラトゥーナム 市場の横に、City Complex(シティー・コンプレックス)があります。こちらも卸しのショッピングモールでジーンズが山積みされていました。

Phaya Thai(パヤータイ)方面へ

Baiyokeタワーが見える北に歩くと、飲食の屋台が並んでいます。さらに北に進むとタイ国鉄東線の線路に突き当たります。以前ペチャブリーで線路沿いに小さな市場を発見したので、今回もあるかなぁと思いながら、少し歩いたのですが、線路沿いは民家だけでした。

バンコクのプラトゥーナム

線路沿いを歩いてもパヤータイ通りに出れるソイがないのでペッチャブリー通りに出ました。バンコクの道は行き止まりが多いですから、こういう時、Google Mapが本当に役に立ちます。他にはタクシー、バイタクが走る方向を見ていると、大通りにでれます。この辺りはこじんまりしたリーズナブルなホテルがたくさんあります。駅に遠いので、送迎付きの様です。

Phaya Thai駅

バンコクのパヤタイ

ペッチャブリー通りからパヤータイ通を右折して、パヤータイ駅まで行きます。パヤータイはBTS、エアポートレールリンク、タイ国鉄と3駅あり、利便性でホステルが増えています。

コンビニ、カフェもありますが、ショッピングセンターはないし、コンドも建ちつつありますが、これから再開発が進めば、便利になるでしょう。現在は少し寂しい街です。

バンコクのプラトゥーナム

パヤータイ駅からChaturathit Rdを東へ歩くとARL Ratchaprarop(ラチャプラロップ)駅です。ラチャプラロップ通りを南に歩くとインドラ・スクエアがあります。

Indra Square(インドラ・スクエア)

インドラ・スクエアの前のバス停を利用しますが、店内には初めて行きました。名前の通りで店舗もお客さんもインド人の方が多いです。ファッション、雑貨、靴などが販売されています。特に目新しい物のはないです。

プラトゥーナム市場からパヤータイと一周歩いて、バスで帰りました。

プラトゥーナム市場のMap

コメント