環境

環境

タイ 厳重な高度管理地域からの入県者への規制

高度管理地域の内、特に大規模クラスター発生で激増している5県が厳重な高度管理地域です。サムットサコーン、チョンブリー、ラヨーン、チャンタブリー、トラートです。5県からのチェンライ入県者のうち、移動必要性証明書を有しない者の政府指定施設隔離等が制定されました。
環境

タイ 非常事態宣言は2021年2月28日まで継続決定

タイの非常事態宣言は2021年2月28日まで継続決定しました。新型コロナウイルス感染拡大に伴い非常事態宣言が発令されたのが2020年3月26日で、10か月目に入ります。12月終旬のサムットサコーンのエビ市場での大規模クラスター発生から、第2波となっています。
2021.01.15
環境

バンコク 店内飲食が午後9時までは可能に

バンコク都は1月5日以降は、レストランの店内で飲食が出来るのは午前6時~午後7時まで。その他の時間はテイクアウトのみと発表。その後すぐに首相は、バンコク都による店内飲食午後7時までを撤回する命令を発令して、午後9時までレストラン店内で飲食を許可しました。
環境

タイ コロナ感染者不法入国者のチェンライの状況

チェンライ当局は、県北部の新型コロナウイルスの感染状況が制御されていることを保証しました。隣国のミャンマーから不法にタイに戻ってきました。後に数人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性が確認され、帰国者によって広められた感染を封じ込める対策が取られました。
環境

バンコク 2020年12月PM2.5にご注意を

タイ 環境省公害管理局(PCD)によると、バンコクのPM2.5の基準値が健康を害するレベルです。マスクもN95を推奨しています。新型コロナウイルス感染予防のために、マスクは着用しますが、N95のマスクは大変です。日中は屋外に出ない方が良いですね。
環境

タイ コロナCOVID-19ワクチンを入手予定

公衆衛生省が入手予定を発表 タイは2021年半ばにCOVID-19ワクチンを入手予定です。2600万回の投与が確認されています。疾病管理局長の代わりを務めるオパス博士と国立ワクチン研究所所長のナコーン・プレム・スリ博士と共に副首相兼...
環境

タイ(レベル2・PCR検査なし)から日本に入国

タイを含む9ヶ国がレベル2の国です。これらの国から日本への渡航者はPCR検査を受ける必要がなくなります。帰国便の航空機で入国の際提出する健康診断質問書、待機方法及び送迎の有無、厚生労働省からのLineアプリの説明用紙などに記入します。
環境

タイ 非常事態宣言は2021年1月15日まで継続決定

タイ 非常事態宣言は2021年1月15日まで継続が決定しました。タイのコロナウイルス感染拡大に伴い非常事態宣言が発令されたのが3月26日です。最初は1ヵ月後の4月30日まででした。その後、毎月延長され続け2021年1月15日まで45日間延長の発表です。
環境

タイ 非常事態宣言は11月30日まで継続決定

非常事態宣言が発令されて7ヵ月のタイですが、11月30日まで継続が決定しました。スポーツ観戦の収容人数の規制緩和も発表されています。サッカーがスタジアムの収容人数が25%から50%に、テニスはスタジアムの収容人数が50%から70%に緩和されます。
環境

タイと日本のプラスチックレジ袋の提供の違い

タイ2020年1月1日からプラスチックレジ袋の提供が中止になりました。日本は020年7月1日からプラスチックレジ袋の有料化が始まりました。中止と有料化と違いはありますが、両国とも多くの人は布袋(マイバッグ)を持参しています。