ビザ

ビザ

タイ入国へ新システムのCOEの記入方法

タイ入国のCEO申請が2021年1月から新システムに移行しシステマティックになりました。PDFのマニュアルに説明されていますが、すべて英文の記入のため記入方法を説明します。書類に不備があるとCOE許可の日数もかかります。
ビザ

タイ入国へのCovit19保険

現在タイに入国するためにはCOE(入国許可証)が必要です。COEの取得のために、Covit19保険、ASQホテル確認書などが必要です。新型コロナウイルス感染症及び関連疾患の治療費を含む医療費を10万ドル以上保証する医療保険証が必要です。
ビザ

タイのムアントターニのイミグレでエクステンション手続きをする

チェーンワタナから一部の手続きが移転 イミグレーションの全ての手続きはチェーンワタナ政府総合庁舎B棟で行われていました。新型コロナウイルス感染拡大で、3密で混雑するイミグレの一部の手続きをムアントターニの臨時ビルで行うことになりまし...
ビザ

タイ入国へタイ国籍を有しない者の新規システム

2021年1月から往復商業便を利用できます。これに伴いタイ入国へのシステムが変わります。タイに入国する資格を証明するために、個人情報と必要書類をアップロード。申請書の提出完了後、申請者に6桁のコードが与えられます。
ビザ

バンコクへ関空から特別便TG623便で到着

関西空港から週1便の特別便が運航 11月最初に成田からTG643便でバンコクに戻ったのですが、急用で日本に一時帰国。TRビザの有効期限もあり、12月3日に関空から特別便でバンコクに戻りました。 関西空港 ...
2020.12.05
ビザ

タイ大阪領事館でコロナで入国制限中の観光ビザ取得の条件が緩和

タイ大阪領事館で入国制限中の観光ビザ取得の条件が緩和されました。英文銀行残高証明書が20,000バーツ以上に相当する額の残高証明になりました。以前は過去6 ヶ月間の残高が 500, 000 バーツ相当以上ある、預金残高証明書および預金通帳のコピーが必要。
ビザ

タイ入国へのCOE書類のDeclaration Formの書き方

COE申請必要書類は7種類 コロナウイルス感染拡大の影響で現在タイに入国するためには、タイ国籍を有しない者の申請者リストのビザ保有者で、COEの書類をタイ大使館に提出して許可されなければなりません。ビザの他必要書類のDeclarat...
ビザ

タイ入国時にT.8 formに記入

コロナウイルス感染拡大により、到着する全ての渡航者はタイ入国時にT.8 formを記入しなければなりません。到着時に検疫疾病管理官の方から受け取り、入国書類チェック時に記入できます。またダウンロードはタイ国際航空ホームページからできます。
ビザ

スワンナプーム空港でリエントリーパーミットを取得する方法

リエントリー・パーミットとは タイで外国人がビジネスビザ・リタイアメントビザ・EDビザ・観光ビザなどを取得していて、ビザの有効期限内に一度出国すると、ビザは失効します。失効させないためにリエントリー・パーミット(再入国許可)を申請し...
ビザ

タイ入国にNonO(リタイアメント)ビザが追加されました

タイへの入国にリタイアメントは今まではNonO-AまたはO-Xのみ許可されていました。NonO(リタイアメント)ビザが追加されました。NonOのリヤイアメントは日本でも取得できますが3ヵ月なので、タイで延長をします。入国にはCOEの申請が必要です。