ビザ

ビザ

タイDLT(陸運局)事前予約なしで運転免許手続きが可能に

2022年10月4日、タイ陸運局が事前予約なしで運転免許手続きが可能になったと発表しました。新型コロナウイルスの影響でDLT(タイ陸運局)は、オンラインで事前予約が必要でした。バンコク陸運事務所のエリア3はBTS バンチャック)駅近くです。
ビザ

2022年9月7日より日本入国の水際措置緩和

2022年9月7日より日本入国の水際措置緩和され、ワクチン接種証明書保持で72時間以内のPCR検査の陰性証明書が不要になります。有効なワクチン接種証明書を保持していない場合は、出国前72時間以内のRT-PCR検査の陰性証明書が必要です。
ビザ

タイ 2022年10月1日からビザなし入国で45日間滞在できます

ビザなしは2022年10月1日~2023年3月31日まで期間限定 2022年8月19日、タイのCovid-19状況管理センター(CCSA)のスポークスマンは、新型コロナウイルス(Covid-19)からの制限を緩和するにつれて経済回復...
ビザ

タイ 2022年7月2日から出入国カード(TM6)が免除

2022年7月2日からタイ出入国カード(TM6)が一時的に免除されます。陸路や海路での入国は、引き続き出入国カードの記載は必要です。到着時にフォームに記入する必要があるため、外国人旅行者のプロセスを減らし、入国審査を容易にします。
ビザ

2022年6月1日からタイ入国のThailand Passの記入方法

Thailand Pass(タイランドパス)は、6月1日からタイ人は不要となり、外国人は継続ですが、記入項目が簡素化されました。また送信から1~2時間ほどで、タイ入国許可証のQRコードがおくられてきます。
ビザ

2022年6月1日より日本入国時の水際措置が変更

2022年6月1日より日本入国時の水際措置が変更。タイを含む青区分の国から日本に入国する場合、ワクチン接種の有無を問わず、入国時検査および入国後の自宅等待機はありません。出国前72時間以内に受けたPCR検査の陰性証明書の提出は継続。
ビザ

2022年5月1日からタイ入国のThailand Passの記入方法

Thailand Pass(タイランドパス)の記入方法が5月1日からのテスト&ゴーの廃止により、かなり簡略化されました。基本は以前と同じですが、SHA+ホテルの予約もなくなったので、5月1日~の記入方法を説明します。
ビザ

タイランドパスの偽メールにご注意を

タイに入国するには「Thailand Pass(タイランドパス)」を申請、許可されると許可証のQRコードが送信されてきます。その後、フィッシング(詐欺)メールが届いたので注意喚起します。タイランドパスはthpass@tp.consular.go.thです。
ビザ

パスポートの査証欄を日本大使館で増補する

パスポートの査証欄が残り5ページと少なくなったため、バンコクの日本大使館で増補申請をしました。大使館の申請窓口で査証欄増補申請書とパスポートを提出、書類に不備がなければ申請受理票を渡され、翌日に受け取ることができます。申請料は730バーツです。
ビザ

タイランドパスのTest & Goの海外旅行保険は必須

タイランドパスのテスト&ゴーが2月1日に再開されますが、従来通りMedical insurance(海外旅行保険)、50,000米ドル以上は必要です。クレジットカードの付帯保険を使用する場合、複数カードでの合算はできないのでプラチナカードが必要です。