バンコク クロントーイ市場に行く

市場

バンコクで最大の広さを誇るクロントーイ市場に行きました。

クロントーイ市場へはMRT Queen Sirikit National Convention Centre(クイーンシリキット・ナショナル・コンベンション・センター)駅の1番出口、MRT Khlong Toey(クロントーイ)駅から徒歩で、6、7分ぐらいで行くことができます。

クロントーイ市場へはタイリーグT1のPort FC(ポートFC)のホームPATスタジアムに行くときに、横を通ります。1度中を少し歩いたぐらいでした。

バンコクには多くの市場が各地にあり、地域の方の生活には欠かすことができません。私も何ヶ所かの市場に行っていますが、クロントーイ市場は最大の市場です。広すぎて歩き疲れますが、多くの人々で賑わっています。

肉、鮮魚、野菜、果物、乾物など他の市場と同様なものが売られていますが、価格が同じでも、量がクロントーイの方が多いです。野菜の束の太さが違います。


ここの市場の中は通路が狭いのですが、お客さんが多いので、すれ違うのもやっとです。また他の市場もそうですが、鮮魚や肉の売り場などは床が水浸しの所もあるので、滑りやすいし、スニーカーで行くのがおすすめです。服もカジュアルな方がいいです。


野菜、鮮魚、肉などエリアに分かれていますので、市場は広いですがわかりやすいです。市場の中には、卸し専門のエリアもあります。昼ぐらいまでの営業ですが他の市場でも同様です。

ここの市場が他の市場と異なるのは、柵に鶏などが飼われていて生きたままの鶏をさばくところです。かなり広いエリアにあります。

実際はさばいた鶏肉を食しているのですが、やはり生きているのを見ると買いたいとは思えないです。タイの方にとっては、鶏をさばいて、料理にするのはご馳走です。鶏よりもアヒルの方が高価で、よりランクが上のご馳走になります。

このエリアは特にそうですが、鮮魚や肉を売っているエリアにも生臭い臭いがする所もあります。


トラック一杯積んだパイナップルをその場で加工しています。フルーツも価格はかなりリーズナブルです。フルーツが一番買いやすいです。

野菜も束で買うと量がかなり多いいです。飲食店の仕入れには丁度いいですが。飲食店をしていると注文して、配達もしてもらえます。

市場で買い慣れていないのもありますが、鮮魚なども中々買いづらいことはあります。活気あふれる市場でバンコクの人々の生活を垣間見ることもできます。

▼クロントーイ市場のMap

コメント