公園・橋・宮殿

公園・橋・宮殿

バンコク Vijit Chao Phraya(ビジットチャオプラヤ)が開催

2022年11月13日~27日までチャオ プラヤ川沿いの6つのランドマークで、ライトアップ、プロジェクション・マッピングが開催されます。今日はMemorial Bridge(メモリアルブリッジ)を訪れました。ライトショーは美しくワクワクします。
公園・橋・宮殿

バンコク BTS Bang Na(バンナー)駅付近を散策する

Wat Bang Na Nai(ワット バンナーナイ)の黄金の仏塔はBTS バンナー駅のホームから見えます。スクンビット通りをウドムスック方面へ少し戻ると山門が見えます。寺院は静かで手入れが行き届いています。
公園・橋・宮殿

バンコク ライトアップされたメモリアルブリッジ

8月12日のシリキット王妃の誕生日に合わせて、チャオプラヤー川に架かる13の橋がライトアップされます。MRTサナムチャイ駅から徒歩で行けるメモリアルブリッジを渡り、プラポッククラオ橋の横のスカイパークを歩いて戻りました。
公園・橋・宮殿

バンコク サナムルアンエリアに新しい地下道

バンコク サナムルアンエリアに新しい地下道が開通しました。王宮の北西角とMaha Rat Rd(マハラッ)と通りを結ぶ地下道です。人々が安全に道路を横断できるようにすることとは別に、博物館と待合室を備えた新しい地下道です。
公園・橋・宮殿

バンコク BTS サパンタクシンの南側を散策する

BTS Saphan Taksin(サパンタクシン)駅からはチャオプラヤ川の船上ボートに乗れます。南に徒歩2分ほど歩くと19世紀に活躍したジャンク船の姿を後世に伝えるために船を改造した珍しい形の仏塔が建立されたワット・ヤーンナーワーがあります。
公園・橋・宮殿

バンコク クイーン・シリキット公園を散策する

Queen Sirikit Park(クイーン・シリキット公園)はチャトゥチャック公園とワチラベンチャタット公園(鉄道公園)の間にあります。クイーン・シリキット(現・王太后)の生誕60周年を記念して、1992年8月12日に設立されました。
公園・橋・宮殿

バンコク ワット・インターラームを訪れる

バンコクのトンブリーにあるワットインターラームは、アユタヤ王朝時代に建造されたといわれており、タークシン大王時代に完全に修復され、ラーマ3世時代に再び修復されました。トンブリー王朝を1代で現在のタイの原型を築き上げたタークシン大王です。
公園・橋・宮殿

バンコク近郊ノンタブリーの寺院を散策

イケアのあるバンヤイ周辺ぐらいしか散策したことがない、ノンタブリーの寺院に行きました。MRTパープルラインBang Phlu(バンブル)駅を下車。バスと徒歩で移動しながら、ワット・バンパイとワット・ラハーンを訪れました。
公園・橋・宮殿

バンコク ベンジャキティ森林公園を散歩する

バンコクのアソークから徒歩5分の池のあるベンジャキティ公園の西側にベンジャキティ森林公園が一般公開されました。この公園はスカイウォークと地上の遊歩道の両方が散歩できます。スカイウォークからの眺めも良く、地上の遊歩道を歩くのと変化があり楽しめます。
公園・橋・宮殿

バンコク ワットファランポーンにお参りに行きました

ワットWat HuaLamPhong(ワット・ファランポーン)はMRT Sam Yan(サムヤーン)駅すぐ毎日多くの人がお参りに訪れます。タイ人の友人がワット・ファランポーンが自分のお寺で週に1度、朝からお参りに行くため、同行させてもらいました。