2020-12

美術館・アート

バンコク ヴィエンナーレ2020 Lohng1919に行く

バンコク アート・ビエンナーレ2020の3回目の訪問はLohng1919です。2020年12月16日に開通したゴールドラインのクロンサーン駅下車。徒歩で10分です。施設は元々ギャラリーが数ヵ所あり、アートビエンナーレ以外のモダンアートの作品が楽しめます。
病院&病気

タイ 新型コロナ感染者の状況(2020年12月29日)

バンコクの隣県サムットサコーンのマハチャイ市場でミャンマーからの労働者の大規模クラスターが発生して以来、 43県に感染拡大しています。タイは77県ですから半数以上の県で新型コロナウイルスの感染者が確認されています。バンコクは94人。
ショッピングモール

2020 バンコク クリスマスディスプレイ アイコンサイアム

アイコンサイアムはオープンして3回目のクリスマスです。昨年からミュージックに合わせた噴水ショーが人気です。12月16日に開通したゴールドラインのモノレールに乗って訪れました。カウントダウンは禁止になり、花火はTV放映とFacebookで配信されます。
電車・車

バンコク ゴールドラインが12月16日に開通

全自動無人運転のゴールドラインは12月16日に開通しました。Krung Thon Buri(クルントンブリー駅、Charoen Nakhon(チャルンナコーン)駅、アイコンサイアム前、Khlong San(クロンサーン駅)の3駅が開通です。
美術館・アート

バンコク ヴィエンナーレ2020 BACCに行く

バンコクビエンナーレ2020は10月29日にスタートしました。2回目はサイアムにあるタイの現代美術の中心、ビエンナーレにも協賛しているBACC Bangkok Art and Culture Centre(バンコク芸術文化センター)です。
ショッピングモール

2020 バンコク クリスマスディスプレイ プロンポン

毎年ゴージャスなクリスマスディスプレイで有名なBTSプロンポン駅に直結しているエンポリアムです。エンポリアムとエムクオーティエの連絡通路のアーチはピンク・ブルーのキャンディーのオーナメントイルミネーションライトが点灯していてきらびやかでインスタ映えします。
ショッピングモール

2020 バンコク クリスマス チットロム・プルンチット編

2020年のクリスマスディスプレイの2回目はChit Lom・Phloen Chit(チットロム・プルンチット)です。チットロムとプルンチットの間に位置するセントラルの本店は道路に面する建物全体がイルミネーションの飾られ、ゴージャス感を出しています。
ショッピングモール

2020 バンコク クリスマスディスプレイ チットロム・サイアム

新型コロナウイルス感染拡大で観光客の制限がある中ですが、昨年同様にクリスマスツリーは各ショッピングモールに設置されています。サイアムパラゴン、セントラルワールドは流石に華やかな例年通りのクリスマスディスプレイです。
生活情報

バンコクのカウントダウンは全て中止

バンコクの隣県サムットプラカーンのマハチャイ市場で689人の新型コロナウイルス陽性が確認されました。これに伴いバンコクのカウントダウンイベントを中止にすると発表されました。2020年12月19日~2021年1月3日までロックダウンが発表されました。
美術館・アート

バンコク ヴィエンナーレ2020 One Bangkokに行く

ONE BANGKOK(ワン・バンコク)はMRT Lumphini(ルンピニ)駅の3番出口を出て、Witthayu Rd(ウィッタユー通り)を北に2分ほど歩くとあります。ヴィエンナーレのグリーンの看板「BAB BOX」が出ているのですぐにわかります。
2020.12.21