旅行

旅行

タイ ベトジェットエアーが国内線片道497バーツのプロモーション

タイ ベトジェットエアーが国内線片道497バーツ、国際線が1,777バーツのプロモーションを予約中です。国内線は7月9日まで、国際線は7月11日まで。国内線片道497バーツにはTAXなど込みの料金です。
旅行

タイ 開国後のパタヤの様子

7月1日~制限がほぼ緩和されたタイのパタヤの様子です。パタヤビーチは空いています。またウォーキングストリートは半分ぐらいのお店が営業中。パタヤの海も綺麗になっており、ゆっくり過ごすには今がチャンスかもしれません。
旅行

バンコクからパタヤへSRT各駅停車の旅

バンコクからパタヤへ行くのにSRT(タイ国鉄)を平日は1日1本の電車を利用しました。チャチューンサオ、チョンブリーを通り、約3時間以上ののんびり旅です。車両はクーラーなしですが、風が入ってきて心地よいです。
旅行

タイ プーケットに6月までで170万人が訪れる

タイ国政府観光庁によると、プーケットは2022年の最初の5ヵ月間に170万人以上の旅行者が訪れ、260億バーツ以上の収益をもたらしました。経済を観光に依存するプーケットは他県よりも早く回復し、今年の最初の5か月間のホテル予約率は平均28.27%です。
旅行

タイ カンチャナブリーへの日帰り旅行

ロトゥーチャーターでカンチャナブリーを数か所周りました。映画戦場にかける橋で有名なクウェー川橋、カンチャナブリで有名な寺院Wat Tham Suea(ワット・タムスア)、巨大な合歓の木など。バンコクから2時間半はかかります。
2022.06.21
旅行

2022年6月1日からタイと日本の簡素化された入国の様子

日本入稿には厚生労働省のアプリ、My SOSをダウンロードして必要書類(質問票・誓約書・ワクチン接種証明書(「有・無」を選択)・出国前72時間以内の検査証明書)を登録します。抗原検査はなくなりました。タイ入国にはタイランドパスが必要。
旅行

日本2022年6月10日から外国人観光客の受け入れ再開

日本は6月10日から外国人観光客の受け入れを再開します。毎日の到着の上限は20,000人で、98の国と地域からの添乗員つきのツアーに限定されます。日本は感染の再発の可能性に警戒を続けており、個人の観光客が再開するまでにはしばらく時間がかかりそうです。
旅行

タイ ペチャブリーへの小旅行 Part2

ペチャブリーの海岸近くにあるワット・ノークパークタレーは、船の形状の寺院です。目の前に塩田が広がります。プララーム・ラチャニウェートは陸軍複合施設内にあり、ラーマ5世が、雨季の宮殿として建設するように命じ、ラーマ6世の治世中に、迎賓館として使用されました。
旅行

タイ ペチャブリーへの小旅行 Part1

友人とタクシーチャーターでバンコクから長い歴史があり、自然豊かなペチャブリ県へ日帰り旅行に出掛けました。カオヨーイ洞窟とカオルアン洞窟を訪れました。洞窟内はひんやりとして、静けさに包まれています。
旅行

タイへの海外旅行者の渡航国の変化

タイは、2022年5月1日より到着時にTest&GoスキームとRT-PCR検査を廃止し、6月1日からタイランドパスも簡素化され、海外から多くの旅行者が訪れています。パンデミック前の中国に変わり、英国、インド、ドイツがトップ3です。