バンコク アモンファン市場とバンケーン市場に行く

市場

Bang Khen(バンケーン)にあるAmonphan Market(アモンファン市場)とBang Khen(バンケーン)市場に行きました。

メガバンナーを出発して、Rama9を通る206番のバスの終点のチェックに行った際にバンケーンの散策に2つの市場をチョイスしました。バスの終点はVibhavadi Rangsit Rd(ウィパワディー・ランシット)通りにあるタイ国鉄バンケーン駅の向かいです。

Kasetsart University(カセサート大学)があるThanon Ngamwongwan(タノン・ガムウォンワン)通りを南西へ歩きます。

カセサート大学はタイで3番目に古い総合大学で7つのキャンパスがあります。タイで最初の農業大学で、現在は科学、芸術、社会学、人文学、教育学、工学、建築などの学部があります。

通りにはコピー屋、データ出力屋、インターネットカフェなどが並んでいます。学生街なので、飲食店もリーズナブルな価格の所が多くあります。

タノン・ガムウォンワン通りがPhahon Yothin(パホンヨーティン)通りと交差する手前にアモンファン市場があります。

アイキャッチ画像に使用してるグリーンの建物がアモンファン市場です。

昔からある市場ですが、最近リノベーションされて、通路も広く清潔で綺麗です。

こじんまりとしていますが、他の市場同様にファッション、雑貨のゾーン、フードコート、生鮮野菜、果物、お惣菜などのゾーンに分かれています。

ミニトップスマーケットも入っていて、大学生もちらほらいます。

ここからパホンヨーティン通りを5分ぐらい南に歩くと、バンケーン市場があります。


パホンヨーティン通りからは少し中に入ります。市場を上記画像のようにコの字に屋台が囲んでいます。

市場は他の市場と同様です。鶏、魚介類などの生鮮、果物、野菜、Tシャツ、雑賀などが売られています。リーズナブルです。

バンコクにある市場は昔ながらの古い建物が多いのですが、先に行ったアモンファン市場がリノベーションで綺麗だっただけに、余計に古さを感じてしまいました。

パホンヨーティン通りの市場の辺りは再開発が進行中で、老朽化した建物はスクラップされています。バンケーン市場も再開発の波に飲み込まれるのでしょうか。


パトゥムタニー県へ伸びるBTSスクンビット線の延伸工事もこの辺りでは駅舎も完成しています。パホンヨーティン通りを歩いていると、距離が短い間隔で駅舎ができています。開通予定は2020年です。

昔ながらのバンコクは徐々に変わりつつあります。

▼Amonphan Market(アモンファン市場)のMap

コメント