バンコクの区

スポンサーリンク
バンコクの区

バンコク スワンルアン区

スワンルアン区は1994年にプラウェート区から分離して誕生した緑豊かな郊外の住宅街です。区の南北をモノレールイエローライン、東西をエアポートリンクレールが運行しています。パタナカーン通りには飲食店も多いです。
バンコクの区

バンコク ラップラオ区

区の名称はラップラオですが、MRTラップラオは区内にはありません。最近できたモノレール・イエローラインはラップラオ通りを運行している為、この区には公共交通機関はバスのみです。プレジット・マヌータム通りにはオシャレなショッピングモールがあります。
バンコクの区

バンコク バンカピ区

バンカピ区のバンカピ交差点はショッピングモール、市場が集積しています。ラムカムヘンにはタイ代表の試合が開催される収容人数5万人を超えるナショナルスタジアム、ラジャマンガラスタジアムがあります。スタジアム近くにラムカムヘン大学があり、辺りは学生街です。
バンコクの区

バンコク バーンコーレーム区

バーンコーレーム区は1989年の11月9日にヤーンナーワー区から同地区を分離させ、バーンコーレーム区を設置しました。低層の建物が並ぶ住宅地です。チャオプラヤー川沿いのきらびやかなアジアティーク、オシャレなターミナル21Rama3店などもあります。
バンコクの区

バンコク サートーン区

バンコクのサートーン区はヤーンナーワー区の一部でしたが、1989年11月9日に分離し新設されました。チャオプラヤー川に面しており、サパンタクシンピアは水上ボート乗り場です。観光船、アイコンサイアム、アジアティーク行きの水上ボートに乗れます。
バンコクの区

バンコク ドゥシット区

バンコクのドゥシット区はバンコクの旧市街であるプラナコーン区の北側に位置し、Rama5世によって開発が進められました。チャオプラヤ川に面している2021年に完成した新国会議事堂や政府機関が集まる行政の中心地で、歴史的建築物が点在するエリアです。
バンコクの区

バンコク バンスー区

バンコクのバンスー区は、チャオプラヤ川とノンタブリー県に接しています。MRT(ブルーライン)、MRT(パープルライン)、SRTの電車が区内を運行しています。SRTの旧バンスー駅があります。
バンコクの区

バンコク チャトチャック区

バンコクのチャトチャック区は1989年にバーンケーン区から新しい区として分離しました。区の名前はチャトチャック公園やチャトチャック・ウィークエンド・マーケットなどに由来します。 区の中にMRT、BTS、SRTの駅があります。
バンコクの区

バンコク ラチャテウィー区

バンコクは50区の行政区があり,ラチャテウィー区の紹介です。アヌサワリー(戦勝記念塔)バスターミナルがあり、ここからpp区のバスが運行しています。スワンナプーム空港行きのARLのパヤタイ駅もあります。また多くのショッピングモールもあります。
バンコクの区

バンコック フワイクワーン区

バンコクは50区の行政区があり,フワイクワーン区の紹介です。タイカルチャーセンター駅から将来MRTオレンジラインが運行する通り沿いは飲食店、店舗が並んでいるローカルな雰囲気です。南側はMRTの広大な操車場が広がります。
スポンサーリンク