バンコク セントラルワールド伊勢丹のあと

バンコクのセントラルワールド伊勢丹の後ショッピングモール

2020年12月末に伊勢丹は閉店

バンコク伊勢丹は1992年に開業。セントラル・ワールドの中核テナントとして入居していましたが、契約満了に伴い28年の歴史に幕を閉じました。あとはセントラル・ワールドの運営会社であるセントラル・パタナがアーバン・ライフスタイルをテーマにリニューアル、2021年に開業予定でした。

外壁の工事は昨年にはほぼ完成していましたが、内部も一部オープンしました。

1F

バンコクのセントラルワールドでスタジオジブリの展示会

1Fは、現在タイ初のスタジオジブリの展示会イベントが、ユニクロとコラボで3月27日まで開催中。フロアーには、日本のガチャガチャとかジャパンテイストが揃えられています。

2F

バンコクのセントラルワールド伊勢丹の後
バンコクのセントラルワールド伊勢丹の後

2Fは店舗はオープンしていますが、営業はまだのところがほとんどです。アーバン・ライフスタイルがコンセプトで、モノクロ基調のカジュアルショップ、オシャレ系のシューズ、アパレルショップが並んでいます。

3F以降

バンコクのセントラルワールド伊勢丹の後
バンコクのセントラルワールド伊勢丹の後

エスカレーターで上に上がることはできますが、3階以降はシートで覆われていて、ショップの工事中です。内装は白とナチュラルの木目を基調としていて、シンプルです。コロナパンデミックの影響もあるかと思いますが、全てがオープンするのには時間がかかりそうです。

エルメスのイベント告知

バンコクのセントラルワールド

セントラルワールドの前のイベントスペースには、エルメスの告知一色です。2022年3月18〜27日まで、フィットネスツイストでエルメスのアクセサリーを体験。入場無料・要予約

MARKET

バンコクの

セントラルワールドの向かいのMARKETです。オープン当初はチャットチャック・マーケットの店舗のゾーンがあり、オシャレな雑貨、インテリアショップがありましたが、コロナパンデミックの影響で多くの店舗が撤退。DON DON DONKIが入店しましたが、今度はスーパーのロータスが入店。ファサードがオシャレなショッピングモールですが、普通のモールになりそうです。

プラトゥーナム市場

バンコクのパトゥーナム市場

セントラルワールドから北へ5分ほど歩くと、Phetchaburi Rd(ペチャブリー)通りとRatchaprarop Rd(ラチャプラロップ)通りの角に位置するプラトゥーナム市場が取り壊し中です。通りに面して囲いで覆われています。迷路のように多くの小物・衣料品のお店が並んでいて激安でした。夕方シャッターが下りると、その前に別のお店が並んで、混沌とした古きバンコクの問屋街です。

以前コロナパンデミックでお客さんが激減。個人営業の小さなお店ばかりで、補償もなく今後の見通しがたたないというニュースを見たことがあります。取り壊して新たにファッションビルになるのでしょう。またひとつバンコクの名物市場が消滅します。

セントラルワールドのMap

コメント