タイ ソンクランはイベントは開催、水かけ祭りは禁止

バンコク2019ソンクランイベント

ソンクランは2022年4月13日~15日

コロナパンデミックの影響で2020年・21年とソンクランの水かけ祭りは禁止でした。タイ入国の72時間前のRT-PCR検査陰性証明が不要となり、制限が解除されているため、ソンクランの水かけ祭りも許可がおりるのでは?と思われていましたが、3月18日、Covid-19状況管理センター(CCSA)の会議でソンクランの祝賀会は開催できますが、イベント会場ではアルコール販売・飲酒は禁止。また、路上での水のかけ合い、粉末ペーストのかけ合い、泡パーティーは禁止となりました。

本来のソンクランの仏像に香りの水をかけたり、お年寄りの手に水を注いで祝福を求めたり、お寺での活動などを行うことができます。

旅行は許可

パーサック・チョンラシットダム

ソンクラン期間中の帰省などの県をまたぐ旅行は許可されています。ただし、出発の72時間前にATK検査を行い、陰性であることを確認する必要があります。バス・電車など公共交通機関を使用する場合は常にマスクを着用、定期的に手洗いや消毒をし、車内で食事や飲酒は不可です。

地域やコミュニティの祝賀会もCovid-19の管理措置に準拠する必要があり、公共の場で活動をしたい人は、適切な機関から許可を得る必要があります。

CCSAはすべての機関に、オミクロンコロナウイルスBA.2.2変異種の発生を注意深く監視し、Covid-19検査、病気の重症度を軽減するワクチンの効率、および投薬への反応を追跡するように指示しました。

CCSAは、現在3月末に失効する緊急法令の施行を5月末まで2ヵ月延長すると発表

カオサンロード

バンコクのカオサンロード

カオサンロードはバンコクの水かけ祭りのメッカです。事業者は、ソンクラン活動の開催を許可するが、水かけ祭りを禁止するCCSAの方針に反対し、収入を失うと述べています。

カオサンビジネス協会の会長は、政府がソンクランの開催を許可する措置を緩和したいのであれば、水かけ祭りを禁止してはならないと述べました。観光客は水かけ祭りに訪れたいので、水かけ祭りが禁止のため、ソンクランのための特別なイベントを計画する可能性は低いです。

ソンクランの水かけ祭りが禁止されれば、特に4月と5月のピークシーズンに、他のアセアン諸国への多くの観光客を失う可能性があると述べました。

カオサンロードの協会はバンコク都に水かけ祭りの許可の要望を出しましたが、却下されました。

セントラルワールド

バンコク2019ソンクラン

コロナパンデミック前はセントラルワールド前のスペースで、水かけ祭りとライブ演奏で盛り上がる場所でした。今年は水しぶきを上げないニューノーマルのソンクランイベントを開催予定です。バンコクメトロポリタン・アドミニストレーション(BMA)はソンクランイベントの参加人数は800人に制限、水かけは許可しません。800人以上が参加する場合は、順番待ちの席を設ける必要があります。

コメント