バンコク ワクチンパスポートを申請に行く途中BTSが停止

バンコクの都市部疾病予防管理研究所病院&病気

Urban Institute for Disease Prevention and Control(都市部疾病予防管理研究所)

BTS Wat Phra Sri Mahathat(ワット・プラシーマハタート)駅下車。徒歩3分くらいのところにあります。以前ワクチンパスポートの取得に行っていて、今回はブースター接種の追加記載のためです。

事前予約

事前に予約をしてから行きます。予約はタイ語のみです。予約方法は下記から。

BTS Ha Yaek Lat Phrao(ハイェーク・ラップラオ)駅

MRT Phahon Yothin(パホンヨーティン)駅で乗り換えて、BTSハイェーク・ラップラオ駅で電車を待っていました。ホームに結構人がいて、モチット方面を見ると電車が往復ともに停車しています。またカセサート大学方面も停車しています。何かトラブルがあったのは判りますが、直ぐに復旧すると思いました。

しばらくしてホームに電車が入ってきたので、乗車しました。10分ぐらい待っても動く様子はなく、10分ぐらい待ってくださいと案内で放送されます。1人、2人と降車する人もいて、いつ発車するかわからないし、動いてもまた途中で停車しても大変なので、私も降車してバスで行くことにしました。多くの人は座席に座って待っていましたが。

病院のあるBTSワット・プラシーマハタート駅はPhahon Yothin Rd(パホンヨーティン)通りにあり、ランシット方面へバスが多く運行しているので、直ぐに来た34番のバスで無事病院に着きました。

ワクチンパスポートに追加

バンコクのバンケーンの都市部疾病予防管理研究所

10時~11時の予約にはギリギリ間に合いました。以前ワクチンパスポートを申請をした入口からすぐの1Fの所はクローズされていました。場所が、左側でPCR検査の受付をしているスペースを通り、病院の入口から入り3Fに変更になっています。

バンコクのバンケーンの都市部疾病予防管理研究所

3Fの会議室のような部屋がワクチンパスポート申請場所です。受付でワクチンパスポート、ブースター3回目の接種証明、パスポートと予約のスクショを提示します。1・2回目の接種証明も必要です。私は1・2回目の接種証明を持参するのを忘れ、係員がPCで検索、プリントアウトしてもらいました。プリントアウト代が5バーツ。

3回目の追加を取得

バンコクのバンケーンの都市部疾病予防管理研究所

左のデスクで書類一式を渡し、手続きが完了すると名前が呼ばれてセンターのデスクで50バーツ支払います。右側のデスクで、記載に間違いがないか確認して完了です。以前申請に行ったときは、多くの人が来ていましたが、何冊もパスポートを持った業者の人とあと2人でした。

日本に一時帰国の際は3回のワクチン接種証明書があると、到着日から制限がなくなるので、必要ですが、世界的にはワクチンパスポートが不要な国も増えてきています。

停止BTSは?

ワクチンパスポートの追加はすぐに完了し、BTS ワット・プラシーマハタート駅に行くと、駅は封鎖されていたので、MRT パホンヨーティン駅までバスに乗りました。

運休はMRTパープルラインの一部区間がAM6時7分~PM0時35分まで、BTSライトグリーンライン(スクンビット線)がAM9時24分~PM0時55分まで続いたようです。 タイ運輸省によると、ソフトウエアの不具合が原因とみられ、同じソフトを使用しているデリーと北京の鉄道でもほぼ同時刻に同様の不具合が発生したということです。

コメント