シンガポールの新型コロナウイルス感染状況

covit-19イメージ旅行

シンガポールはタイとは国境を接していませんが、ASEANの国です。現在東南アジアの国はタイも含めてデルタ株(インド株)の感染拡大が続いています。

シンガポール

シンガポールは人口570万人の80%近くが完全にワクチン接種済で、世界で最も高い接種割合の高い国の1つであり、インフルエンザのように病気を治療しようとするアプローチに移行し始めています。

規制緩和

厳格な在宅勤務規則を緩和し、従業員の50%がオフィスに戻ることを可能にしました。またショッピングモールや映画館など、多くの顧客が訪れるスペースの容量を増やし、パンデミックの初期から公共の場所入口に設置されていた温度スクリーニングを終了しました。

すべての緩和にもかかわらず、シンガポールはソーシャルディスタンス(社会距離ルール)を持ち続けています。

検疫なしの旅行

9月8日から、シンガポールはドイツとブルネイからのワクチン接種を受けた旅行者のために検疫なしのトラベルレーンを試験的に導入します。パンデミックの初期から実施されてきた国境制限を解除するために、最初は8月21日から、香港とマカオからの旅行者の制限が緩和されます。 完全なワクチン接種を受けていない場合、ドイツとブルネイからの短期旅行者は許可されません。

ドイツ: シンガポールからの旅行者は最小限の制限でドイツへの入国をすでに許可。

ブルネイ: 一般的に外国人観光客を制限。

航空会社

シンガポール航空は9月7日からフランクフルトとミュンヘンからシンガポールへのワクチン接種済みトラベルレーン(VTL)便を運航する予定です。 ルフトハンザグループのアジア太平洋担当副社長は、ドイツへの緩和に航空会社は他のアジア太平洋諸国が従うべきロールモデルになるかもしれません。と述べました。

今後の対応

シンガポールは、完全にワクチン接種した一部の個人、特に重度の免疫不全患者に対する追加接種として、第3回目のワクチンを考えています。また安全性と有効性が十分に研究された後、2022年初頭に12歳未満の子供に予防接種を開始することも考慮しています。

シンガポールの貿易依存型経済には出張やレジャー旅行が不可欠です。 財務大臣は規制緩和をするたびに、データを監視し、証拠を調べて、次のステップに進む前に、病院システムが感染状況に対処できることを確認します。 今後の道は簡単なものになるという幻想を抱いてはならないと述べました。

クラスターが国家の病院システムに負担をかけるほどに増加した場合、シンガポールはいくつかの措置を一時停止または撤回する必要があるかもしれないと述べました。 Covidに強い国になるための道は長くて難しいものになるだろう。非常に高いワクチン接種率であっても、集団発生が消えるだけの集団免疫には到達しません。

コメント