バンコク 再度厳しい制限延長のショッピングモールの様子

バンコクRama9のフォーチュンタウンショッピングモール

2021年8月31日まで延長

2021年7月23日(金)にバンコクと周辺県を含む13県の最高度厳格管理地域「ダークレッドゾーン」 に厳しい制限が発令され、8月2日から新たに16県を「ダークレッドゾーン」追加、29都県となり2週間の延長となりました。

新型コロナウイルス新規陽性者は20,000人で連日推移しており、8月16日の状況判断で8月31日まで延長が決定しました。

ショッピングセンター内の銀行が営業再開

バンコクRama9のフォーチュンタウン

デパート、ショッピングモール、コミュニティモールの営業時間をPM8時まで。施設内のスーパーマーケット、衛生用品や医薬品の店舗、ワクチン接種や医療のみ営業が可。飲食店はデリバリーサービスの利用のみ営業。

6月18日から銀行などの金融機関は営業が許可されました。Rama9のフォーチュンタウン1階の銀行のゾーンはオープンしましたが、ほとんどの銀行は行内の業務は行っていません。ただし、ゾーンが開いたので、入金、通帳記帳ができるようになりました。

Rama9のセントラルプラザの銀行などの金融機関のフロアーは5Fでこちらは閉鎖されたままです。現在2階以上のフロアーは閉鎖されています。

ショッピング内の飲食店

バンコクRama9のフォーチュンタウン

7月20日からの商業施設の営業規制で飲食店はクローズでしたが、レストラン協会の要望もあり、8月に入ってから、デリバリーサービスのみ営業が可能になりました。店舗が営業しているのでテイクアウトできると思い、オーダーする人も見かけますが、Grab、Foodpandaなどのデリバリーサービスのアプリでオーダーします。

フォーチュンタウンのレストランフロアーでは大手チェーンのファーストフード、レストランが営業しています。デリバリーサービスの配達員は店内に入らず、屋外の待機スペースでオーダーした商品を待っています。

ショッピングモール以外の路面店

ショッピングモール内はテイクアウトはできませんし、パン屋もクローズですが、路面店の飲食店はテイクアウトはできます。ただし閉まっている店舗も多いです。

ダイソーなどの60バーツショップもショッピングモール内はクローズですが、 路面店のプロンポンのワッツは営業しています。

タイは連日20000人前後の新型コロナウイルス陽性者が確認されていますが、経済も回していかなければならないため、次回の8月末の規制見直しで少し緩和されるかもしれません。

コメント