タイ近隣諸国 シンガポール・インドネシアの開国状況

関西空港旅行

シンガポールは低迷

シンガポールは2021年に33万人の海外からの到着があり、シンガポール政府観光局(STB)が1970年代に数の追跡を開始して以来過去最低でした。パンデミック前の訪問者数の2%未満でした。

2020年の大部分と2021年、シンガポールは都市国家への到着を厳しく管理し、最大2週間の検疫を設けていましたが、 昨年9月から特定の国からの ワクチン接種を受けた旅行者に検疫免除システムを導入し、回復の兆しが見られます。2021年1月~12月の間に中国から88,000人が到着しました。

2021年の収入は推定19億シンガポールドル(465億バーツ)で、これも過去最低の1つでした。

シンガポール・インドネシアが検疫なしのトラベルバブル

シンガポールとインドネシアは、Covid-19のオミクロン株の症例がより優勢になるにつれて、経済を活性化するために両国間の検疫なしの旅行(トラベルバブル)を開始しています。医療制度がコロナウイルスの蔓延に崩壊されないようにしながら、コロナウイルスとの生活に移行しようとしています。

インドネシアのバタムビンタンのリゾートアイランドと都市との間の専用のトラベルバブルの取り決めは、観光やその他の経済活動を後押します。また保険に加入していて、完全にワクチン接種済の旅行者はNongsapura国際フェリーターミナルを経由してバブルアレンジメントを使用できるようになります。

ベトナム

ベトナムは一部の外国人旅行者の入国規則をさらに緩和します。2021年11月にベトナムでCovid-19コロナウイルスワクチンパスポート計画が開始されました。

ベトナムの入国管理局は、恒久的または一時的な在留カード、ビザ、ビザの免除を保持している外国人とベトナム人は、政府当局からの事前の承認なしに、または事前許可手続きを受けずにベトナムに入国することができます。ベトナムを訪問したい外国人観光客は、依然として政府によって承認された特別ツアーに制限されています。

海外から到着する旅行者は、完全にワクチン接種されているか、コロナウイルスからの回復の証拠があり、飛行前にウイルスの検査を受け、自宅またはホテルで3日間の検疫を受け、PCR検査を完了する必要があります。

国内航空会社は1月初めにタイ、日本、台湾、シンガポール、カンボジア、米国、韓国、ラオスへの定期航路を再開しました。地元メディアによると、フラッグキャリアのベトナム航空JSCは、2月1日までにロシア、英国、フランス、ドイツへのフライトを再開する予定です。

オミクロンの感染は収まりませんが、各国ともウイズコロナに舵を切っています。

コメント