タイ 日本の外務省が渡航レベルを引き下げる

タイスワンナプーム空港旅行

2020年10月30日 レベル2(不要不急の渡航はやめてください)に引き下げ

日本に帰国する際の水際対策措置等の変更が決定されました。外務省は9ヶ国、地域について感染症危険情報のレベル3からレベル2への引き下げ、また新たに2ヶ国について感染症危険情報レベル2からレベル3への引き上げを行いました。

感染症危険情報の引き下げ 9ヶ国

  • アジア:タイ、韓国、シンガポール、台湾、中国(香港、マカオ含む)、ブルネイ、ベトナム
  • 大洋州:オーストラリア、ニュージーランド

感染症危険情報のレベル2への引き下げに伴い、入国拒否対象地域の指定が解除された9ヶ国・地域については、11月1日以降に日本に帰国・入国する際の水際措置が変更されます。

1)感染症危険情報のレベル2への引き下げに伴い、当該地域からの帰国・入国の際、国籍にかかわらず、これまで必要であった日本入国時の新型コロナウイルス感染症の検査(PCR検査)が原則不要となります。(日本国籍者も対象)

2)外国人の新規入国及び再入国の場合、出国前72時間以内に受けた新型コロナウイルス感染症の検査証明を入国時に提出することが原則不要となります。

3)現在既にビジネストラックが運用されている韓国、シンガポールからビジネストラックにより、日本に帰国・入国する際の手続も変更されます。(日本国籍者も対象)

4)豪州、ニュージーランド、台湾については、今般、感染症危険情報がレベル2に引き下げられることにより、査証制限措置対象国・地域となるため、査証免除措置の停止(外交・公用含む)の対象となります。

タイから日本に一時帰国する際、新型コロナウイルス感染症の検査(PCR検査)が原則不要となります

感染症危険情報の引き上げ 2ヶ国

  • (アジア):ミャンマー
  • (中東):ヨルダン

ミャンマー、ヨルダンは感染症危険情報レベル3への引き上げに伴い11月1日以降に日本に帰国・入国する際の水際措置が強化されます。

1)日本人を含む全ての日本入国者が、空港で新型コロナウイルス感染症検査(PCR検査)の対象となります。(日本国籍者も対象)

2)ミャンマー、ヨルダンから入国する外国人は、原則入国拒否になりますが、特段の事情により入国、再入国する場合には、出国前72時間以内に受けた新型コロナウイルス感染症の検査証明を入国時に提出することが新たに必要となります。

日本からタイへの渡航は特別便のみの状況は変わりありません。

コメント