フワイクワーンからラムカムヘン周辺を散策する

バス&船

MRT Huai Khwang(フワイクワーン)の西側はナイトマーケット、フワイクワーン市場、バスターミナルがあり、この周辺の中心地です。

フワイクワーンの東側へ運行している36ก番バスでラムカムヘンへ向かいました。

東側へ行くPradit Manuthai Rd(プラチャ・ユチット)通りを運行するバスは36ก番だけで、西側にあるバスターミナルから発着する数あるルートは随分違います。

プラチャ・ユチット通りも商店が並んでいて、飲食店も多いですが、南側はMRTの広大な操車場があり、空き地も広がっています。新しいコンドミニアムも建っていて、テニスコート、ゴルフの打ちっ放し、ジムなどのスポーツ施設もあります。

2023年開業予定のMRTオレンジラインはタイカルチャーセンターからこの辺りを通り、ラムカムヘンからミンブリーへの運行予定です。

タイカルチャーセンターの駅構内は予め新線に備えて、延伸工事ができるように建築されています。

プラチャ・ユチット通りを走り、センセーブ水路を超えるとラムカムヘンです。

ラムカムヘンから、西へバンカピ方面へ歩くとサッカータイ代表の試合が開催されるラジャマンガラスタジアムがあります。

バンコク 船上ボートに乗って、ラジャマンガラ・スタジアムに行く
サッカータイ代表チームの試合が行われる、ラジャマンガラ・ナショナル・スタジアムにセンセーブ水路のAsoke Pier(アソークピア)から船上ボートで行く方法です。道路はいつも渋滞がひどいですが、船は渋滞もなく意外と快適です。

ラムカムヘン通りの南側はラムカムヘン大学の広大なキャンパスが広がり、緑も多いです。北側はバンコクの下町で商店が立ち並んでいます。


ラジャマンガラスタジアムとは反対の西へ歩きました。ラムカムヘン通りは交通量が多く、バスも何ルートも運行しています。その上道路工事中で歩道は迂回する所が多く、再開発でビル工事も数ヶ所で行われていました。

通りには洋服、雑貨、シューズの店舗が多く、飲食店、屋台はセンセーブ水路方面のソイに数多くあります。

5分ぐらい歩くとBigCの入店しているHuamark Town Center(フアマーク・タウンセンター)があり、比較的新らしいショッピングセンターで、多くの人で賑わっていました。

更に歩くとThe Mall(ザ・モール)、フードランドもあります。ザ・モールの1Fはセールをしている店舗が目立ちましたが、この周辺では以前からある、地元の方には親しまれているショッピングセンターです。

ザ・モールの駐車場スペースは別の場所にあり、通りの向かいも工事中で、新たにショッピングモールの建設も進むかもしれません。


ラムカムヘン通りをさらに歩くと高速道路が上を走るRama9通りとの交差点です。Sukhumvit 71に繋がります。

帰りも36ก番のバスで帰る予定でしたが、バスは中々来ず、フワイクワーンまでソンテウに乗りました。

▼ラムカムヘン大学のMap

コメント