女子ワールドカップに出場のフランスVSタイ親善試合をTV観戦

サッカー

FIFA女子ワールドカップ 2019は6/7~7/7の1か月間、フランスで開催されます。

欧州のサッカーリーグも、プレミア、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラと優勝チームが決定し、セリエA、CL、ELの優勝決定を残すのみになりました。

リーグの終了と共に代表の大会が開催されます。FIFA U-20ワールドカップが5/24〜6/1までポーランドで、コパ・アメリカ(南米選手権)が6/14~7/7 ブラジルで開催。

女子ワールドカップ前の親善試合フランスVSタイをFOX SportsでTV観戦しました。

開催国フランスはグループAの初戦が韓国の為、アジアのチーム、タイを親善試合の相手にチョイスしました。最近のFIFAランキングはフランスが4位、タイが34位です。

親善試合にも関わらず、開催国フランスの試合なので、スタジアム全体にフランス国旗が振られ、女子ワールドカップを盛り上げようという雰囲気です。

前半

ホームの圧倒的声援を受けて、フランスが積極的に攻めますが、タイもカウンターで応酬。

11分 フランスがコーナーキックからのチャンスは精度を欠き、ノーチャンス。

13分 タイがカウンターからシュート。キーパーに阻止されます。

34分 フランスがコーナーキックからのチャンスはキーパーがパンチング。
この時間帯ぐらいからフランスが圧力を強め、タイのファウルが増えてきます。フランスの決定力のなさにも助けられ、タイが何とか持ちこたえ、フランス0-0タイで前半は終了します。

後半

序盤からフランスが仕掛けます。55分タイの選手が負傷交代。

60分 ディフェンスのクリアがフランスに渡り、フランスがGOAL。 フランス1-0タイ

タイは防戦一方です。70分にはハンドでPKを取られますが、フランスがPKを外します。

78分 ディフェンスのミスからフランスがフランスがGOAL。 フランス2-0タイ
83分 ペナルティーエリアでタイのディフェンスが後ろからファウルで止めて、イエローカード。PKは、キーパーが止めます。タイのキーパーは小柄ですが瞬発力はあります。

86分 タイは集中力がきれ、真ん中から綺麗に崩され、フランスがGOAL。フランス3-0タイで試合は終了。

ランキングの差もありますが、タイの選手とフランス選手の体格差もかなりあります。フランスのPK2回失敗もあり、3-0ですが、タイは中々厳しい試合となりました。

タイはグループFで、アメリカ、チリ、スウェーデン、日本はグループDでイングランド、スコットランド、アルゼンチンとの戦いになります。

女子WC グループステージの組み合わせ

グループAフランス、韓国、ノルウェー、ナイジェリア
グループBドイツ、中国、スペイン、南アフリカ
グループCオーストラリア、イタリア、ブラジル、ジャマイカ
グループDイングランド、スコットランド、アルゼンチン、日本
グループEカナダ、カメルーン、ニュージーランド、オランダ
グループFアメリカ、タイ、チリ、スウェーデン

コメント