ショッピングモール

スポンサーリンク
バンコクの区

バンコク スワンルアン区

スワンルアン区は1994年にプラウェート区から分離して誕生した緑豊かな郊外の住宅街です。区の南北をモノレールイエローライン、東西をエアポートリンクレールが運行しています。パタナカーン通りには飲食店も多いです。
イベント

タイ ソンクラーン2024の観光収入

観光スポーツ省によると、 今年のソンクラーンフェスティバルの3週間で約1400億バ ーツの観光収入が生まれ、 期間中に合計192万6,443人の外国人観光客がタイを訪れ、前年同期比37.54%増加しました。予想を上回る約1,403億パーツの収益を上げました。
バンコクの区

バンコク ラップラオ区

区の名称はラップラオですが、MRTラップラオは区内にはありません。最近できたモノレール・イエローラインはラップラオ通りを運行している為、この区には公共交通機関はバスのみです。プレジット・マヌータム通りにはオシャレなショッピングモールがあります。
バンコクの区

バンコク バンカピ区

バンカピ区のバンカピ交差点はショッピングモール、市場が集積しています。ラムカムヘンにはタイ代表の試合が開催される収容人数5万人を超えるナショナルスタジアム、ラジャマンガラスタジアムがあります。スタジアム近くにラムカムヘン大学があり、辺りは学生街です。
イベント

バンコク2024年ソンクラン水かけ祭り

ソンクラン休暇は4月12日~16日まで5連休ですが、水かけ祭りは4月13日~15日の所が多いいようです。バンコクでも盛り上がる場所のひとつのシーロム通りは人が少なめでした。セントラルワールドも初日の昼ということもあり、少なめです。
バスルートMap

バンコク バス501番のルート Map

バンコクの501番のバスはHua Lamphong(フアランポーン)とMinburi(ミンブリー)バスターミナルを往復します。ショッピングモールが立ち並ぶバンコクの中心地、Rama1世通り、スクンビット通りを走るので渋滞に巻き込まれます。
バンコクの区

バンコク バーンコーレーム区

バーンコーレーム区は1989年の11月9日にヤーンナーワー区から同地区を分離させ、バーンコーレーム区を設置しました。低層の建物が並ぶ住宅地です。チャオプラヤー川沿いのきらびやかなアジアティーク、オシャレなターミナル21Rama3店などもあります。
イベント

タイ ショッピングモールは春節一色2024

2024年の春節(中国のお正月)は2月10日(土)で、中国では2月10日~2月17日まで8連休の休暇です。この期間中、中国人がビザが不要になったこともあり、多くの中国人がタイを訪れることが予想されます。ショッピングモールも春節一色です。
イベント

バンコクJAPAN EXPO THAILAND 2024に行く

2024年2月2日~4日 セントラルワールドで9回目のバンコクJAPAN EXPO THAILAND 2024が開催されました。日本からアイドルグループが多数参加していて、女性アイドルグループのライブが行われていて大声援の盛り上がりでした。
イベント

バンコク2024年のカウントダウンの様子

2024年はバンコクのアイコンサイアム、セントラルワールド、サイアムパラゴンなどでライブの後、カウントダウンイベントが開催されました。今年も家の近所から花火が打ちあがる音を聞きながら、テレビ中継でカウントダウンを楽しみました。
スポンサーリンク