バンコク 船上ボートに乗って、ラジャマンガラ・スタジアムに行く

バス&船

数日前にペチャブリー界隈の駅で紹介した、バンコク センセーブ水路のAsoke Pier(アソークピア)からRamkhamhaeng University(ラムカムへン大学)まで船上ボートに乗りました。

満員の乗客で、立ったままでした。バスの車掌さんならず、ライフジャケット着用の船掌さんが2人いて、ボートの両サイドに乗っていてロープを掴みながら、切符をきっています。

バスと同様に行き先を告げればOKです。ピアに着くと船掌さんがロープをかけて、船を固定していました。

天井には救命ボードが完備されていましたが、乗客分はあるのかなぁと少し不安になります。

バンコクの川は汚染がひどいので、悪臭を覚悟していましたが、それほどでもないです。船の両サイドには飛沫除けのビニールカーテンが装備されています。

30分ほどで到着。渋滞がないので、バスよりは断然早く着きます。ラムカムへン大学前からぶらぶら歩いて、ラジャマンガラ・ナショナル・スタジアムへ。

ラムカムへン大学は公立の総合大学で、高層の学舎が数棟建っています。バンコクの一般的な店舗が並ぶ通りの中、本屋、文房具屋があり、学生の街の雰囲気が感じられます。

15分ぐらい歩いて、ラジャマンガラ・ナショナル・スタジアムのある公園へ。広大な敷地の公園の中にフアマーク・インドアスタジアム、テニスコート、プールなどの施設が揃っています。

スケボー・インラインスケートを楽しむ子供達、チアリーディングの練習をしている学生。芝生が敷き詰められているので、のんびりと休日を過ごすファミリーも多くいます。


ラジャマンガラ・ナショナル・スタジアムはサッカータイ代表チームの試合が行なわれる収容人員が65,000のスタジアムです。

まだ試合観戦には行けていなのですが、外観はコロッセウムをモデルにした、特徴のあるスタジアムです。FA Thailandの建物もありました。公園を一周して、帰ろうとしていたら、ビーチサッカーをしているのが見えました。

ウォーミングアップ中で練習試合かなとしばらく見ていると、FIFAのアンセムが聞こえてきて、選手が整列、審判もFIFAのステッカーを付けているので、FIFA公式の試合です。

タイ代表はわかるのですが、対戦相手がどこの代表かは判らず、15分ぐらい見ていて、タイ代表が1点を取り、そこで帰りました。ビーチサッカーは初めて見ました。

公園を出ると行くときに準備中だったナイトマーケットが営業していました。学生の街ということもあり、かなりリーズナブルです。

帰りはスタジアムから近いSapan Mit Mahadthai(スパンミッマハッタイ)のピアからアソークピアまでボートで帰りました。

帰りは座れましたが、乗客は結構乗ってきて、7,8分で来るし、バンコクの方の重要な交通手段です。往復で30TB

船からのバンコクの景色は、また違う一面が観れます。

▼ラジャマンガラ・スタジアムのMap

コメント