MRT Phahon Yothin(パホンヨーティン)の発音は難しい?

電車・車

先日、友人の付き添いで観光ビザの1ヵ月延長の申請にイミグレーションに行きました。場所はドンムアン空港の近くです。

MRT Chatuchak Park(チャトゥチャックパーク)駅・ BTS Mochit(モーチット)駅下車。52番のバスに乗り、最寄り停留所で降りて、バイタクでトーモ(タイ語でイミグレの意味)と伝えれば行くことができます。

どんな所も時間に余裕があるときは、バスで行く私ですが、イミグレは朝8時半~で多くの人がいつも並ぶし、遅れると、何時間も待つ事になるのでいつもチャトゥチャックパークからタクシーを利用します。

イミグレの入口でパスポートチェック・荷物検査を受けてから入ります。

受付でツーリスト・エクステンション(観光ビザ・延長)と伝えて書類を貰い、英語で記入し、写真を添付して書類を提出します。

整理番号を貰ったら、アルファベット別の電光掲示板に、番号が点灯されるまで受付で待ちます。いつも2時間ぐらいは待たされます。

地下でコーヒーを飲んで時間を過ごします。
イミグレにも催事スペースがあり、露店と同じような食品、洋服、雑貨が売られているのはタイらしいです。
12時なると昼休みに入り、発行が遅くなります。

11時45分に電光掲示板に番号が出て、中に入り、申請用紙やコピーを提出し、申請料の1900バーツを支払うと、また整理番号を渡されて、待ちます。

12時前ギリギリに、1ヵ月のビザ延長が認められ、スタンプを押して貰いパスポートが返却されました。昼前に終わって良かったです。

外に出るとタクシーが並んでいて、前に一緒に行った知人とチャットチャックパークではなく、パホンヨーティまでタクシーに乗りました。

チャットチャックは付近は混んでいるし、MRT沿いならパホンヨーティのほうが便利という事でした。

運転手さんにMRTパホンヨーティと言うとOKだったので、安心して乗っていると、高速に入ってチットロムの横を通り過ぎ、ヤバイなぁと思うもタイ語で伝えられず、高速を降りて、運転手さんが「着いたよ」と。

着いた駅はMRT Hua Lamphong(フアランポーン)駅。

地道はメッチャ混んでいる通りですが、高速は空いていて、あっという間でした。チャトゥチャックパークまでなら100TB、フアランポーンまで、200TB。

ドライブを楽しんだと思うことにして、フアランポーン駅付近を散策することにしました。

チャイナタウン方面へ。中華門まで歩き、道沿いを気の向くままチャオプラヤ川の船着き場まで歩きました。

その後、ヤワラート通りをフアランポーン駅まで戻り、タイ国鉄バンコク駅へ。レトロな外観のバンコク駅に行くと、電車でぷらっとどこかに行きたくなります。待合室は、パープルのシートが新装されていました。

バンコク駅でしばらく過ごし、MRTに乗って帰宅。

私のタイ語の発音が悪いことで、パホンヨーティがフアランポーンに行くことになった1日でした。

コメント