ラオス Vientiane(ビエンチャン)に1人ビザランに行く

ビザ

ラオス ビエンチャンにビザランに行く予定でしたが、スケジュールが合わず、オーバーステイが危ぶまれたので、日帰りで、ビエンチャンに行きました。

行きはエアー代金・ウドンターニ~ノンカイのバス代・ノンカイ~ビエンチャンの中心部までのバス代がセットになった、エアーチケット。

帰りはビエンチャン ワットタイ国際空港から直行便日帰りです。

AM6:00にドンムアン空港から、1時間でUdon Thani (ウドンターニ) に到着。

ウドンターニからロットゥーでNongkhai (ノンカイ) へ。私は窓口でサインをしてチケットを貰いました。バス代は200TB。所用時間は1時間10分。

イミグレに着いたら出国手続きをします。出国手続きが終わったら、バス代20TBを係員に払って友好橋を渡り、ラオス入国審査です。

ラオスの入国税スマートパス100TBを購入します。

出入国カードを探したのですが見つからず、出入国カードなしでイミグレで手続き。
出入国カードの事を言われると思ったのですが、名前を聞かれて、「Yes」と答えて、入国スタンプを押してもらいました。

スマートパスで、自動ゲートを通過。ラオスに入国。

陸路だと出入国カードはいらないのかとその時は思いました。

ラオスに入国した所は、ビザランの取り扱いの関係者やタクシーの客引きなどでごった返しています。

以前ビザランで1度来た事があったので、場所も覚えていて、スムーズに手続きは進みました。

ビザランはタイの大使館に並ぶので、早朝から多くの人がいましたが、着いたのが9時前だったので、そこまでの混雑ではなかったです。

カウンターでサインして、ビエンチャンの中心部に行くバスを1時間待つ事に。他の飛行機からの乗客も一緒に行くからということでした。

入国した所にLaoTelecom (ラオ・テレコム)とUnitel (ユニテル) の2軒のSIMカードを取り扱っているショップがあります。

ラオ・テレコムは2G(3日用)・3G(1週間)の2種類でした。Unitel (ユニテル)は1G(1日用)もありました。1日用のSIMを買おうかとも考えたのですが、結局買わず。

ロットウーが来て、やっと出発。乗客は2人(私ともう一人最初から待っていた)
1時間ぐらいでビエンチャンの中心地(飛行機会社の支店)にAM11時に到着。

帰りのフライトは晩なので、カフェに行って、今日の計画を立てることにしました。カフェは結構多くあります。フランス領だったこともあり、ラオスはコーヒーとパンが美味しいです。

パリの凱旋門をモデルに造られたアヌサーワリー・パトゥーサイまで、晴天で真夏の日差しのなか雨用に持ってきた傘を日傘代わりにして歩くことに。


歩いているのは観光客のみ。途中レンタサイクルのショップを見つけました。
小さな街なので、自転車で回るのは効率的です。走っている観光客もちらほら見かけました。

ビエンチャン一番のTalat Sao (タラートサオ)ショッピングモール・国賓主席府からアヌヴォン王公園を抜け、休憩しながらメコン川を見て、歩いていると最初に到着した場所に。

前回メコン川の夕日を見ることができて、感動的だったのを思い出しました。 メコン川の対岸はタイです。周りが海に囲まれている日本の感覚と少し違います。

あまりの暑さに、街をぶらぶらする気にもなれず、早めに空港に行くことにしました。

走っているタクシーは少ないし、トゥクトゥクは歩いていると、声をかけてきて、ウンザリするので、バンコクのようにバスを利用することにしました。

タラートサオ・バスターミナルに行くと、エアポート行きは違う場所からの出発で、親切に係員の方がバス停まで案内してくれました。

エアポート行きバスは停車していて、私1人の貸切で出発しました。20分ぐらいで空港に到着。1,500 KIP

フリーWIFIもつながるし、空調もきいているし、空港で長い時間を過ごして、バンコクに戻りました。

ラオスのイミグレで出国カードを書くように言われました。空路の場合必須ですね。
何人もの人が書いていたので、陸路の時は、出入国カードを私同様書いていないのでしょう。

▼タイラオス友好橋のMap

コメント