バンコク MRT ラチャダ・ピセークを散策する

MRTラチャダー・ピセーク駅前電車・車・トゥクトゥク

今回はMRT 住んでいるMRT Rama9の4つ北にあるRatchadaphisek(ラチャダー・ピセーク)駅周辺を紹介します。

ラチャダー・ピセークは観光で訪れる有名寺院・ナイトマーケットなどもなく、静かな住宅街です。ラチャダ通りに面しては商業ビル・コンドミニアムも数棟建てられ、開発は進んでいます。

実はラチャダー・ピセークは経済危機によって計画は中止になりましたが、1990年代にバンコクの副都心として開発を進めていたことがあります。

今年最初トンローにホテル・ニッコー・バンコクがオープンしましたが、都市開発を見込んでニッコー系のホテルや東急デパートなども早くから進出し、撤退した経緯があります。一時はラチャダ通りにポツポツと商業ビルとショッピングセンター、ローカルアパートなどが点在する地域になっていたようです。

MRTの開通とともにアクセスは良くなりましたが、1つ北にあるLat Phrao(ラップラオ)駅前の様に、大型ホテル・バザールのショッピングモールなどは建築されていませ
ん。

MRTラチャダー・ピセークとラップラオ間は距離が短く、徒歩で10分程で着きます。ショッピングモール内にはスーパーもありますから便利です。

MRTラチャダー・ピセーク2番出口を出て西へ進みます。セブンイレブンのある突き当りを左へ進み、行き止まりの手前Soi Vibhavadi Rangsit16(ウィパワーディー・ランシット)西へ進むとJitti Gymというムエタイのジムがあります。

MRTラチャダー・ピセークのムエタイジム

こちらのジムには知人が練習に通っていて、年齢を重ねた方もムエタイに取り組むことができる施設です。ムエタイの入口にカフェがあり、ナチュラルな内装でリーズナブルな料金でコーヒーが飲めます。カフェの横をムエタイの選手が通ったり、練習の方が行き来するタイならではの雰囲気です。

メニューもKNOCK OUT、THE HULK、BOXING OILなどムエタイに関連したネーミングが付けられています。

MRTラチャダー・ピセークのムエタイジムのカフェ

ムエタイジムがあるソイを西へ歩くと、新しいアパートも立ち並ぶ中、昔ながらの商店、屋台の集積地もありバンコクのよくある下町の光景です。

西側のエリアでは赤いミニソンテウが運行しています。

ミニソンテウは通常のソンテウの半分くらいの大きさで4・5人乗れるぐらいです。モーターサイが少ないこともあるかと思いますがこの地域の重要な乗り物です。一律8B。

ソイ・ランシット16を更に西へ運河を超えて進むと、レストラン・商店などがあります。ウィパワーディー・ランシット通りを渡り更に西へ進むとチャットチャックマーケットの東側です。

ラチャダー・ピセークはRama9・ホイックワンなどと比較して、大きな市場・ナイトマーケットはないですが、人も少なく静かな場所です。

▼MRT Ratchadaphisek(ラチャダー・ピセーク)駅のMap

コメント