2021年8月タイと周辺国の新型コロナウイルス感染状況

covit-19イメージ環境

東南アジアはデルタ株(インド型株)

東南アジアはタイも含めてデルタ株(インド型株)の感染拡大が続いています。タイは2021年8月4日、タイCOVID-19状況管理センター<CCSA>は1日で過去最多となる20,200人の新型コロナウイルス陽性者を確認しました。また188人が死亡しています。バンコクは4,118人の 新規感染者。

マレーシア

東南アジアで1人当たりの感染率が最も高いマレーシアは、17,045人の新規感染者を報告し、合計で1,013,438人、8,000人近くが死亡しました。 マレーシアの病院と医療スタッフは、ベッド、人工呼吸器、酸素が不足している中で 新型コロナウイルス発生の矢面に立たされています。

マレーシアのワクチン接種は周辺諸国を上回っており、人口3200万人の約16.9%が完全に接種しています。

インドネシア

2億7000万人以上の人口でこの地域で最も人口の多い国であるインドネシアは、東南アジアで最大の症例数です。 8月4日に発表された政府のデータによると、インドネシアの 新型コロナウイルスの死亡者数は100,000人を超えました。また、35,867人の新規症例が報告され、症例の総数は約353万人になりました。

インドネシアは7月上旬から全国的な公的活動制限を課しており、8月9日まで延長されます。 経済的圧力の中で、政府はコロナウイルスの規制が1週間延長されるが、伝統的な市場や屋外エリアのあるレストランの再開を許可するなど、いくつかの措置が緩和されると発表しました。

首都ジャカルタでは 陽性率(Covid-19に陽性反応を示した人の割合)は、7月15日の31.2%から7月25日の15.9%にほぼ半減しました。 インドネシア大学の医療統計学者は、ジャカルタの症例は減少しており、「流行曲線は減速段階を示し始めている」 と述べましたが、他の地域で感染者が急増しています。

ベトナム

パンデミックの大部分で 新型コロナ ウイルスの封じ込めに成功した後、ベトナムは新たな発生に直面しており、ビジネスハブであるホーチミン市とその周辺の県がほとんどの新規感染症の原因となっています。 首都ハノイとともに厳重に封鎖されています。

保健省は8月1日7,531人の感染を報告しました。1日前の記録的な7,968件の増加から減少しています。合計174,000件のCovid-19症例と2,071件の死亡が報告されており、 ワクチン接種は9800万の人口ではわずか744,000人です。

ミャンマー

ミャンマーでは6月以降感染が急増しており、8月1日には355人の死亡が報告されており、これは新記録です。7月29日の1日あたりの症例数は6,000人を超えました。医療関係者や葬儀業界で働く人々は、実際の死亡者数ははるかに多く、2月の軍事クーデター以降の混乱がパンデミックへの対応を妨げていると述べています。

フィリピン

フィリピンでは、デルタ株の新規感染者が最近増加し始めており、当局は今週、マレーシアとタイからの旅行を停止し、マニラ地域の規制を強化しました。

東南アジアはワクチン接種の進みが遅く、デルタ株が増加しているため各国とも大変な状況が続きます。

コメント