バンコク Pak Khlong Market(パークローン市場)にバスで行く

バンコクパークロン花市場のバラ市場

73番のバスはHuai Khwang(フアイクワン)~Saphan Phut Bus Terminal(サパーンプット)を往復

Rama9からパークローン市場に73番のバスで行くことにしました。Google MapとモバイルのアプリVIABUSで事前にいつも調べています。バスは時間はかかりますが1本で行けるのが楽ですし、何と言っても運賃の安さが魅力です。

73番のバスでパークローン市場へ

73番のバスに乗って「Pak Khlong Market」と車掌さんに伝えますが全く伝わらず。スマホを見せてもわかってもらえず……思案していたら。

タイの方で日本語のわかる青年が乗車していて、この73番のバスはセントラルワールド止め。Pak Khlong Marketはセントラルワールドで73番の別のバスに乗り換えてということでした。

パークローン市場のバス停サパンプットに到着

雷雨のサパンプットの船着き場
73番のバスはMRTファランポーン駅や中華街を通ります。やっと着いたと思ったら、激しいスコール。チャオプラヤ川に架かる橋の下のバス停で雨宿り。1時間ぐらいで止むかと思いきや2時間近くの雷雨。少し歩くだけでもずぶ濡れになりそうな雨です。

パークローン市場へ

パークロン花市場の雷雨の後
小降りになってパークローン市場へ歩いて5.6分で到着。長時間のスコールの後で、市場も雨漏りがひどく床は水浸しです。

お店の方は先ず、床掃除で準備中のお店がほとんどです。お供えの花も袋をかぶせて雨漏りから防いでいます。足元が悪い中市場の中をチェックして30分足らずで出ました。

バンコクのパーククローン花市場
ここの花市場は24時間営業なので、今から準備してもOKでしょう。そんな事情でお花の情報はほとんどなしです。

サパンプットバス停から帰路へ

バンコクのサパンプットバス停
Googleの情報では15分ごとにバスは来るとあり、雨宿りしたバス停に行くと数人バス待ちの人がいます。上記の画像8番のバスは来ますが73番40分ぐらい待っても来ません。タクシーでファランポーン駅に行けばいいのですが、意地になってバスを待つことにしました。

バス停でのエピソード

さすがにタイの人々も少しイライラ。その中で母娘と女の人の3人が何やら話始め、バス停から去っていきます。

タイ語が理解できない私は「もうほんまにバスが来ませんね。一緒にタクシーで行きましょうか」というストーリーを作りました。(暇すぎてすることがない)

結局1時間以上待ったあと73番のバスが到着。なぜか前出の母娘と女の人の3人組が乗っていました。別のバス停から乗ってきたのだと思われます。私のストーリーはハズレ。

バスは来たのですが、最終ホイックワンまでは行かないと車掌さんは言ってるようで、あんなに長く待っていたのに、数人の人はバスを降りました。母娘と女の人の3人組も。

どこまで行くか確認したかったのですが、ファランポーン駅まで乗ることにしました。

タイ人の会話からNANAで何かあった様な感じでした。今日のスコールはいつもよりひどかったので、冠水している所もあるのでしょう。

ファランポーン駅

ファランポーン駅までは冠水している所もなく無事到着。MRTでRama9へ。花市場に行ったというより、バスの珍道中な1日でした。暇人な私です。花市場にはまたの機会に行くことにします。

2019年 パークローン市場への行き方

2019年8月にMRTブルーラインが延伸し、Sanam Chai(サナームチャイ)駅から徒歩5分ぐらいで行く事ができます。

パークローン市場のMap

コメント