バンコク郊外 ナコンパトムのドーンワーイ水上市場に行く

ナコンパトムのドンワイ水上マーケット市場

Don Wai Floating Market(ドーンワーイ水上市場)へは556番のバスで行く事ができます。

ナコンパトムのプッタモントンに行った後に徒歩でBorommaratchachonnani Frontage Rdのバス停まで行き、556番のバスに乗りました。始発はバンコクのボーベーですが、バスか船上ボートで行くしかないので少し不便です。

戦勝記念塔から125、515、539番でプッタモントンで556番に乗り換える方がいいかもです。ドーンワーイ水上市場へは556番のバスしか運行していません。

ドーンワーイ水上市場

ナコンパトムのドンワイ水上マーケット
バスは大通りから両側1車線づつの細い路を走ります。車掌さんにタイ語のตลาดน้ำดอนหวาย นครปฐมで行き先を示したので、到着の前に教えてもらえました。
バス停から10分ほど歩いてドーンワーイ水上市場に到着。市場の中を歩いていると道路に抜ける道があったので、バス停近くにも入口があるのですが、見落としてしまいました。

ドーンワーイ水上市場の様子

ナコンパトムのドンワイ水上マーケット
水上市場とありますが、船の上で買物をする市場ではなく、運河沿いにある市場です。着いた時間が3時を回っていて、市場の中は地元の買い物客で溢れていました。あまりの人の多さにゆっくり見学というわけにはいかず。運河の方へ出ました。

市場はバンコクの市場と同様、野菜・フルーツ・肉・鮮魚・香辛料など。日用品も売られています。観光客相手の市場ではないのでリーズナブルです。

ドーンワーイ水上市場沿いの運河

ナコンパトムのドンワイ水上マーケット
バンコクの運河とは比べ物にならない程、綺麗な運河です。数ヶ所で水草を地元の方が採っているのを見かけました。

運河水上ボートツアー

地元の方が日常生活の交通手段として利用している水上ボートが市場の前から出ています。私はこのボートに乗り、着いた先から戻ってくればいいかと安易に考え乗船しようとしたのですが。係員がこのボートに乗って行ったら、ここに戻って来れないと言われました。

水上ボートの切符

ナコンパトムのドンワイ水上マーケット切符
夕方だったので市場に戻るボートはないのかと残念がっていたら、周遊の水上ボートツアーを紹介されました。船の切符売場まで親切に案内してくれて、いつもタイの方には助けられています。切符売場は市場の中にあります。ツアー料金は80B

ドーンワーイ水上市場~WatRaiKingを周遊

ナコンパトムのドンワイ水上マーケット運河
ボートは観光客仕様で、出発前に写真撮影にスタッフがきます。船内はテーブル席で、市場で買ったもので食事ができます。運河をゆっくりと進みます。運河の両サイドに水草が浮いていて運河が綺麗なので白の水鳥もいます。

途中寺院などもあり音声ガイダンスはありますがタイ語です。夕暮れで風も爽やかで涼しく、リラックスできます。556番のバスの終点に近いワットライキング寺院に架かる橋を超えて折り返します。橋の麓はこの辺りで1番の街で、ロイクラトンの準備でイベント用の仮設を設営中でした。市場の前の船着き場でも提灯をぶら下げたり準備をしていました。

ナコンパトムのドンワイ水上マーケット運河

ボートから下船することなくサンセットを眺めながら市場へ戻りました。小1時間の水上ボートツアーです。

静かな自然が残された運河で次回は折り返したワットライキング寺院の周辺も散策したいと思います。到着した時は市場は殆んどのお店がクローズでした。市場を抜けバス停まで歩き565番のバスでボーベーまでの帰路に着きました。

ドーンワーイ水上市場のMap

コメント