バンコク ミンブリーの市場に514番のバスで行く

バンコクのミンブリーのチャットチャック2市場

Min Buri(ミンブリー)スワンナプーム空港の北に位置します。

バンコクも日本ほどではないのですが、お正月を田舎で過ごす方も多く、会社は29日から休日のところも多いです。商用車が減るので、バンコクの道路も渋滞が緩和されます。

渋滞が少ないのを機に、514番のバスに乗ってミンブリーまで行きました。Lat Phrao Rd(ラップラーオ)通りがMRL(モノレール)の工事(2022年開業予定)をしているため、Rama9から1時間半ぐらいかかります。

ラップラーオ通りを走るバスは多いので、MRLができればバンカピなどに行くのに便利になります。

ミンブリーのChatuchak2(チャトゥチャック2)ウイークエンドマーケット

バンコクのミンブリーのチャットチャック2
チャトゥチャック・ウイークエンドマーケットと言えばBTSモチット・MRTチャトゥチャック公園駅にある広大なマーケットが浮かびます。ミンブリーチャトゥチャックは呼称ではなく、正式にシンボルタワーにチャトゥチャック2と記載されていてSihaburanukit Rdに面してあります。

バンコクのミンブリー市場
チャトゥチャック2は2階建ての建物でエスカレーターが中央に1ヶ所設置されていますが、2階はほぼシャッターが降りています。

モチットのチャトゥチャックは有名で観光客の方が圧倒的に多いし、それに伴い価格も上昇していますが、こちらのチャトゥチャック2は本当にロカールなマーケットで、ほぼ地元の方です。

上記画像のお店は上半身のトルソーが昔ぽっくって、ズラッと並んでいるのが個性的でした。洋服、靴も破格の価格で、洋服が80B、Tシャツは20B~。但し、これ何年前の服?って感じのも結構あります。デッドストックでしょう。

バンコクのミンブリー市場

洋服、靴、小物雑貨だけでなく、スピーカー、モニター、グリーンも売られています。広さはモチットみたいに広いわけではなく、適度な広さです。1時間もあれば充分見て周れます。

チャトゥチャック2の前のスペースの屋台

バンコクのミンブリーのチャットチャック2
チャトゥチャック2は常設の店舗です。3時頃に行ったのですが、マーケットの前のスペースに洋服、雑貨、飲食の屋台が続々オープンしていきます。こちらも破格の価格です。

ミンブリー市場

バンコクのミンブリー市場
このチャトゥチャック2に隣接して、ミンブリー市場があります。実際は、市場の横に後にウイークエンドマーケットができたのですが。

ミンブリー市場は肉、鮮魚、野菜、果物など生鮮のゾーン、串焼、チキン唐揚げなどのお馴染み屋台が出店しています。少し違うのは、バンコクではあまり見かけなくなったカラフルなジュースや、見たことのないお菓子などもありました。

バンコクのミンブリー市場
飲食関連より奥のゾーンに、日本のお祭りにあるような、金魚すくい、射撃の景品落としなどが人気で、多くの方が楽しんでいました。バンコク都心部ほど遊べるショッピングモールはないので何となくほのぼのとした昭和の日本の雰囲気です。
514番のバスの発着するバスターミナルはミンブリー市場のすぐ隣にあります。このバスは市場の中を通って、Sihaburanukit Rdに出ます。

ミンブリーへの行き方

  • ARL Latkra Bang(ラートクラバン)駅からタクシー
  • ARL Hua Mak(ファーマーク)駅からタクシー
  • バス 26、96、131、501、502、514番

2019年12月現在バスかタクシーで行く以外ありません。ミンブリーへの道路は渋滞していますから時間はかかります。

Min Buri(ミンブリー)市場のMap

コメント