2019年のカウントダウンをセントラルワールドで迎える

イベント

日本では大晦日は除夜の鐘を聞いて、初詣に行く方も多いかと思います。もちろんカウントダウンライブもありますが。

バンコクでは大晦日はカウントダウンの花火がセントラルワールド、チャオプラヤ川、バンナーなど二十数ヶ所から打ち上げられます。

3年前はアパートで花火の音を聞きましたが、今年はセントラルワールドのカウントダウンの花火を見に行くことにしました。


MRT、BTS、ARLが深夜AM2時まで運行。ARLは31日の正午から、1日正午まで無料でした。

31日は友人のお店で年越しそばを頂き、長く見ていなかった紅白歌合戦の米津玄師がLemonを歌うのを見てから、出掛けました。

セントラルワールドのBTSチットロム側はすごい人が想像されたので、Phetchaburi Rd(ペッチャブリー)通りの北側から見ようと考え、ARL Ratchaprarop(ラチャプラロップ)駅までいきました。

ラチャプラロップ駅を下車した時は、そんなに人も多くなかったのですが、ラチャプラロップ通りのインドラの辺りからセントラルワールドに向かう人が急に増えてきて、ペッチャブリー通りは既に交通規制が敷かれていました。

11時は過ぎていましたが、あまりの人の多さに、進むのは諦め、東へ少し歩き橋の上から見ることにしました。

カウントダウンに来ている女の子たちは頭に、光り物をつけている子が多かったです。

橋の上は人も多くなく、少し不安になりましたが、三脚を立てて、一眼レフの望遠レンズの人が2人いて、これは絶対に花火が見れるポイントだと確信して、待つことにしました。

三脚を立てた男性が隣の人に見える方向を説明していました。

15分前から、少しづつ人が集まりだし、カウントダウンの合図があるのかなぁと思っていましたが、突然花火が上がりだしました。

セントラルの前では、カウントダウンの合図があるみたいです。

4分間ぐらいのカウントダウンの花火のショーでした。

終わると一斉に皆さん帰路に着き始めました。ネオンマーケットの方向に歩いて行く人に付いて歩くと、バス待ちの人々でした。


ネオンマーケットも大勢の人で賑わっていました。

ラチャプラロップ駅に向かい、無料のARLでマッカサン駅まで乗り、MRTに乗換1時過ぎには無事RAMA9に到着。

4分間のカウントダウンの花火でしたが、楽しい時間でした。ARLに乗っているのは外国人と観光客でした。

▼セントラルワールドの近くのMap

コメント