バンコク 運河の改修する計画を継続

バンコクのクランカセム運河の電気水上ボート公園・橋・宮殿

クロンパドゥン・クルンカセム運河の景観改修

バンコク・メトロポリタン・アドミニストレーション(BMA)は、市内の運河とその周辺の状態を改善する計画を継続しています。バンコク都知事は10月8日に、全長5.5kmのKlong Phadung Krung Kasem(クロンパドゥン・クルンカセム)運河の4.48kmの区間の景観改修を行っていると述べました。

バンコクのクランカセム運河の電気水上ボート

短期計画では、フアランポン地域のCharoen Sawat Bridge(チャロエン・サワット橋)からKasatsuek Bridge(カサツエク橋)までの運河沿いの1.25kmが最初に景観改修の工事が始まり、残りの工事は5つのゾーンに分割されて、長期的な開発計画で実行されます。

2020年11月27日にKrung Kasem(クランカセム)運河に電動水上ボートの導入され、 フアランポーン駅~ティワラート市場まで水上ボートに3月に乗船しました。

5つのゾーン

バンコクのクランカセム運河の電気水上ボート
  • Talat Noi(タラット・ノイ)
  • Bo Be(ボーベー) 
  • Nang Loeng(ナーン・ルーン)
  • government offices(政府機関)
  • Thewet(ティエート)

チャロエン・サワット橋からカサツエク橋まで、ファランプホン駅と同じ側の舗装改修工事は今年末までに完了する予定で、このゾーンの残りの工事は来年後半に開始される予定です。この運河景観改修プロジェクトに伴い、環境局は39の運河の改良、堤防沿いの舗装の清掃、舗装沿いの樹木の植樹を開始しました。

交通運輸局は、2022年から運河の電気ボートのサービスを拡大し、訪問者のセキュリティを向上させるために防犯カメラを設置する計画を立てています。

Klong OngAng(オンアン運河)再開

バンコクチャイナタウンのオンアン運河

ヤワラート(チャイナタウンの端の)オンアン運河の1.9kmの区間に側道のウォーキングストリートが10月22日金曜日に再開される予定です。Covid-19の状況が改善したため、毎週金曜日、土曜日、日曜日の午後3時~午後8時まで通りが一般公開される予定です。

オンアン運河は2020年の12月の最初にオープンしました。バンコク都庁(BMA)がオンアン運河改修プロジェクトでAsian habitat award(アジア生息地賞)を受賞しました。

Covid-19パンデミックの中、公園、運河の整備は続いていて、規制緩和で新しい公園も訪れることができます。

クロンパドゥン・クルンカセム運河のMap

コメント