バンコク タイの運転免許証を取得しました

バンコクのバンチャック陸運事務局ビザ

エリア3のBang Chak(バンチャック) 陸運事務所

9月下旬にバンチャック陸運事務所に行きましたが、予約が必要で再度行くことになりました。予約は11月27日でしたが、諸事情で本日行きました。

エリア3のバンチャック陸運事務所の行き方

バンコク・エリア3のBang Chak(バンチャック) 陸運事務所はBTS Bang Chak(バンチャック)駅下車。スクンビット通りの奇数側(左側)を進行方向に進みます。7分ほど歩くと陸運事務所のゲートがあり、左折してしばらく歩くと バンチャック陸運事務所があります。

運転免許証取得の必要書類

  • パスポート(写真のページと最新のタイ入国のスタンプ捺印のページ)
  • ビザ(リタイアメントビザ、ビジネスビザなど長期ビザ)
  • 在留証明書(日本大使館で事前に取得)
  • 日本の国際運転免許証
  • 健康診断書(パンチャック陸運事務所近くのクリニックで120バーツで書類を作成、有効期限は1ヵ月以内)

9月下旬にもクリニックで健康診断書を取得したのですが、1ヶ月を超えていたため、再度クリニックに行きました。

日本国際免許証

日本で1年間有効の国際運転免許証を取得します。または日本の運転免許証を日本大使館で翻訳してもらいます。書類のすべてコピーが必要です。コピーサービスは陸運事務局内にもあります。

営業時間

バンコクのバンチャック陸運事務局
バンコクのバンチャック陸運事務局

営業時間:AM7:30~PM4:30

受付で書類チェック

バンコクのバンチャック陸運事務局

陸運事務局の中に入ると、受付カウンターがあり、外国人の列に並び、書類のチェックを受けます。日本では運転免許証は車とバイクも共通で1枚のカードですが、タイは車とバイクは別の運転免許証のため、両方の免許証を申請するには2通のコピーが必要です。

チェックで問題がなければ受付番号がもらえます。

書類の入力

バンコクのバンチャック陸運事務局

受付の左にある入力のコーナーで書類を渡します。入力された名前、パスポート番号に間違いがないか確認します。次に入力コーナーの前にある反射神経などの測定を行います。アクセルを踏んで、画面を見てブレーキを踏みます。やり方がいまいち分からなかったため、係員が教えてくれました。こういう時のタイ人の対応のやさしさはタイの気に入っているところです。サインをして無事に終了しました。

写真と免許証の発行

バンコクのバンチャック陸運事務局

受付の右側に写真撮影と免許証の発行のコーナーがあります。本来はモニターに受付番号が掲示されますが、故障で担当の人が口頭で番号を呼びます。書類のチェックから完了までは1時間もかからなかったのですが、写真撮影の順番を待っている間にお昼になり、1時までクローズ。この辺はイミグレと同じです。陸運事務局内でランチをとり、1時前に戻りました。

受付番号が呼ばれると、中に入り席について順番を待ちます。係員に指示された担当官の所に行き、書類を渡して席に着きます。書類のチェックの後、写真撮影、運転免許の取得料を支払います。車が205バーツ、バイクが105バーツで合計310バーツを支払いました。免許証が発行されるまですぐ横で座って待機。5分ぐらいで免許証とお釣りを渡されました。これで無事に運転免許を取得できました。

タイ運転免許証

車とバイクの2枚のカードです。表は写真と名前、パスポート番号が記載、裏に車かバイクか分かるように記載されています。私は日本で小型2輪の免許を持っているのでバイクの免許も申請しました。タイはバイクは日本のように限定免許ではなく、大型まで乗ることは可能です。

有効期限は初回は1年で次年度から2年と延長されるようです。

バンチャック陸運事務所のMap

コメント