2020年 非常事態宣言中のソンクラン

ソンクランは4月13日~15日の3日間

ソンクランはタイの旧正月のことで、タイの旧暦の新年です。元来は、家族が一堂に集って、仏像や仏塔、さらに年長者などの手に水を掛けてお清めをするという伝統的な風習として受け継がれてきました。

例年は水掛け祭りで、世界中から観光客が訪れ、バンコクではバンコクではSi Lom Rd(シーロム)通りと、バックパッカーの聖地、Khao San Rd(カオサン)通りが有名です。またソンクラン前後も休みになり、旅行に出かける人も多いですし、地方からバンコクに働きに来ている人は、この時に田舎に帰ります。

2020年のソンクランは?

現在コロナウイルス感染拡大で、タイ全土は非常事態宣言が出ています。また夜間外出禁止も出ています。その上、アルコール販売が禁止されています。

アルコール販売禁止

アルコール販売禁止は最初は県自治体ごと、バンコクでは10日~20日までと発表されていました。ソンクランを前にタイ全土でアルコール販売が禁止になりました。ソンクランの間は禁止で、解除は各自治体の判断に任せられます。この辺りはタイは柔軟ですし、各自治体に権限があります。

ソンクランの間の各種イベント(水掛け祭り)も延期、中止となっていますが、タイのお正月といえばソンラクンに変わりはないですから、みんなで集まって宴会をするタイ人は多いです。集まるなと言っても集まるでしょうから、アルコール販売禁止は効果はあるでしょう。どうしてもアルコールが入ると、声も大きくなるし、時間も長くなりますから。

罰則

アルコール販売禁止は非常事態宣言下で発令された規則ですので、違反が見つかれば、逮捕や懲罰の対象となります。最高で懲役1年ならびに罰金10万バーツとなります。

ソンクランの休日はいつ?

例年はソンクラン前後も休日になります。現在休日を何時に延期になるかはわかりません。最低でも8月以降ぐらいかと思います。今日の感染者数も減っていて、緊急事態宣言の効果は出てきているようです。来年はいつものソンクランの水掛け祭りが開催されるといいですね。

コメント