バンコク郊外パトゥムターニの市場でクラスター発生

PCR検査イメージ環境

2021年2月12日~16日まで市場を封鎖

パトゥムターニー県知事が議長を務める県の伝染病委員会は、2月12日(金)~16日(火)までの5日間、タンヤブリー地区のタンボンプラチャティパットにあるSuchart(スチャート)市場とPornpat(ポンパット)市場の閉鎖を命じました。

2つの市場で10・11日の2日間で272人に新型コロナウイルスPCR検査が行われ、その内60人がCovid-19の陽性が確認されました。Covid-19状況管理センターは12日に、パトゥムターニ県での60の新規の症例は31人のタイ人と29人のミャンマーで、20人は20~54歳の男性で40人は19~55歳の女性と報告しました。

パトゥムターニー県の最初の症例

2月1日に新型コロナウイルスの症状が出た人が、6日(土)にプラチャティパット病院で治療をした際、検査結果が陽性でした。8日(月)に、4人の新規感染者が確認され、1人は、ポンパット市場のフルーツの屋台で働いていた31歳のミャンマー人女性です。

パトゥムターニー県はバンコクと隣接していますし、サムットサコーンでも市場で感染拡大があったばかりで、バンコクの市場は大丈夫かなと思います。タイの場合、市場の閉鎖など対応が迅速なため、抑え込みに成功しています。

2021年2月12日の感染状況

2021年2月12日、タイCOVID-19状況管理センター(the Centre for Covid-19 Situation Administration・CCSA)は、新型コロナウイルス新規の陽性は175人が確認されたと発表しました。

新規陽性が確認された175人のうち8人は、タイ入国後に隔離検疫施設で陽性が確認された人々で、国内感染には含まれません。

国内感染は167人。そのうち外国人労働者が47人で、タイ人らが120人です。
国内感染地域別では、サムットサコーン県:95人で最多。続いてパトゥムターニー県:60人、バンコク:9人、チョンブリ県:1人、ノンタブリー県:1人、サムットソンクラーム県:1人。

2月12日の時点で、累計の新型コロナウイルス陽性者の数は24,279人。死亡者は合計80人。20,210人が回復し、3,989人が治療中です。

コメント