タイ プーケットサンドボックス 7+7計画

タイのクラビ島旅行

プーケットサンドボックスは7月1日にスタート

プーケットサンドボックス」は ワクチン接種を受けた旅行者が隔離検疫なしで訪れることを可能にするモデルです。「サンドボックス」を利用してプーケットには2万人以上が訪れていて、9月末までにSHA(Safety and Health Administration)を取得した394のホテルに 394,877室の予約がされています。

CCSAが7+7延長計画を承認

8月16日にタイCOVID-19状況管理センター(CCSA)が7+7延長計画を承認後、外国人観光客の再開する方法に苦しんでいるプーケットサンドボックスと他の県は活気づきます。

プーケットサンドボックス」へのリンクと目的地を追加する再開計画は、7月22日に経済状況管理センター(CESA)によって原則的に承認されましたが、8月5日のCCSA小委員会とCommunicableの委員会の両方から正式な承認を得る必要がありました。タイ国政府観光庁(TAT)は、8月16日から観光客がプログラムに参加できると述べました。

7+7プーケット拡張計画のエリア

タイのクラビ島
  • スラタニーのサムイ島、パンガン島、タオ島。
  • パンガーのカオラック、コーヤオヤイ、コヤオノイ。
  • クラビのピピ島、ライレイビーチ、ンガイ島。

7+7プーケット拡張計画とは

ワクチン接種を受けた旅行者がプーケットで7日間過ごした後、7日間は拡張エリアに移動して7日間過ごせます。その後PCR検査で陰性の場合、バンコクなど他県に移動できます。

ただし、旅行者はタイに向けて出発する前に、入国証明書(COE)を申請する必要があります。 CCSAは、ロシアの観光客に役立つスプートニクVのワクチン接種を受けた観光客を受け入れる承認をしたと述べました。

7+7プーケット拡張計画の利点

プーケット内で新規感染者が増加していることからサムイ島へのフライトが中断されるなど、ダークレッドゾーンの県を越えた旅行を提供する公共交通機関が禁止されているため、状況を複雑になりました。

主に船で観光客が移動できる7+7延長計画は、より多くの旅行オプションを楽しむことができる代替案と見なされています。

クラビ観光評議会の会長は、計画が正式に承認された後、ハイシーズンが始まる10月から予約傾向が改善すると予想されていると述べました。

コメント