タイ 中国からの旅行者のCovid検査は行わない

covit-19イメージ旅行

タイ副首相が2022年12月29日、発言

1月10日、新型コロナワクチン接種証明書の提示は不要と発表されました。

スワンナプーム空港

2023年1月9日からタイ入国に新型コロナワクチン接種証明が必要に変更

アヌティン保健相によると、中国政府がCovid-19の制御を緩和する決定を下した後、疾病管理局、観光スポーツ省、 運輸省の関係者が集まり、適切な対策について話し合いました。

ほとんどの中国人はCovid-19ワクチンを少なくとも3回接種しており、多くのタイ人も予防接種を受けています。感染者のための薬や病院があります。到着しても 深刻なリスクはないので、中国人観光客を他国から到着した人と同じように(到着前または到着後にCovid-19の検査を受けることを要求しない) 扱います。と保健相は述べました。

タイ政府観光局のユタサックス氏は、中国人観光客が1月5日から到着し始めると予想し、来年の第1四半期には約30万人になると予測し、ローシーズン中の観光部門を助けるだろうと語りました。タイは経済的な問題を考慮する方針です。

世界各国の対応

各国は、中国政府が「ゼロ・コビッド」規則を緩和した後、Covid-19が急増する中、亜種に関する中国からの情報が不足していることを挙げており、感染の波を懸念しています。中国のCovidの急増により、各国は入国制限を採用するようになります。

アメリカ合衆国

アメリカは、2023年1月5日から中国からの旅行者にCovid-19検査を義務付けます。2歳以上のすべての飛行機の乗客は、 中国、香港、マカオから出発する2日前までにPCR検査の結果が陰性である必要があります。疾病管理予防センターは、アメリカ人は中国、香港、マカオへの旅行も再考すべきだと述べました。

インド

インドは、中国、日本、韓国、香港、タイから到着する旅行者にCovid-19陰性の検査報告を義務付けています。これらの国からの乗客は、症状を示すか、検査で陽性となった場合、隔離されます。

日本

日本は、中国本土からの旅行者が到着時にCovid-19検査で陰性である必要があります。陽性と判定された人は、7日間隔離する必要があります。 中国への新しい措置は、12月30日の深夜に発効します。 政府はまた、航空会社の中国へのフライトの増加要請を制限します。

イタリア

イタリアは、中国からのすべての旅行者のために、Covid-19抗原スワブとウイ ルス配列決定をしました。 ミラノの主要空港のマルペンサ空港は、すでに北京と上海から到着する乗客の検査を開始しています。この措置は、イタ リア人を保護するために、ウイルスの可能性のある亜種の監視と検出を確実 にするために不可欠です。 とスキラッチ保健相は述べました。

台湾

台湾の中央感染症指揮センターは、中国からの直行便のすべての乗客と、2つの沖合の島でのボートで、 1月1日から到着時にPCR検査を受ける必要があると述べました。

オーストラリア

首相は、オーストラリアだけでなく世界中で新型コロナウイルスの影響を監視し続けているため、中国に関する状況も監視し続けていると述べました。

フィリピン

東南アジアの国は非常に慎重であり、中国からの旅行者に検査要件などの措置を課す可能性があるが、完全な禁止ではない。と運輸長官は述べました。

マレーシア

マレーシアは、厳格なゼロCovid政策を解除するという中国の決定を受けて、国内感染拡大を防ぐための新たな措置の一環として、すべての入国旅行者の発熱をスクリーニングし、中国から到着した航空機からの旅行者はCovid-19の検査すると発表しました。 大臣は声明で、国が海外からのコロナウイルス症例の流入のリスクに直面しているため、保健省は予防措置を講じていると述べました。

英国は中国からの旅行者のCovid-19の検査はしない方針です。タイも中国からの旅行者のCovid-19の検査はしない方針ですが、今後の世界の対応なども注視していきます。

コメント