イミグレーション

旅行

日本への旅行者を1日50,000人に引き上げ

日本への出国前72時間以内のPCR検査の陰性証明書の提出が不要となると共に、海外からの入国者が1日当たり20,000人から50,000人に引き上げられます。ツアー旅行に添乗員の同行が義務でしたが、添乗員同行は廃止されます。ただし個人旅行は認められていません。
環境

タイ 2022年7月1日からタイランドパスは不要になります

2022年6月17日、タイCOVID-19状況管理センターは7月1日からは、タイ入国前に登録するThailand Pass(タイランドパス)は不要になると発表しました。ワクチン接種証明書またはCovid-19陰性証明書を提示するのみです。
ビザ

2022年6月1日より日本入国時の水際措置が変更

2022年6月1日より日本入国時の水際措置が変更。タイを含む青区分の国から日本に入国する場合、ワクチン接種の有無を問わず、入国時検査および入国後の自宅等待機はありません。出国前72時間以内に受けたPCR検査の陰性証明書の提出は継続。
旅行

タイ テスト&ゴー終了で観光客は急激に増加

タイに到着する観光客の数は、5月1日にテスト&ゴーのエントリースキームを終了し、より多くの航空会社がタイへのサービスをすぐに再開するようになったことで、急激に増加。廃止後の初日には、約17,000人の航空旅行者が96の国際線でスワンナプーム空港に到着。
旅行

2021年の年末にバンコクから一時帰国

2021年の年末にバンコクスワンナプーム空港から一時帰国しました。日本に入国するのはタイの様に許可証は要りません。航空会社のカウンターで、72時間前のRT-PCRの検査の陰性証明を提示するのみです。日本が外国人の入国を禁止しているため、乗客は少なかったです。
ビザ

タイ 10月31日でビザ(ノービザ)の滞在猶予期間終了

タイ 10月31日でビザ(ノービザ)の滞在猶予期間が終了します。9月末にもビザ(ノービザ)の滞在猶予期間終了とアナウンスされましたが、10月になって1ヵ月の延長が発表されました。期限の31日は土曜日でイミグレーションは通常休日す。
ビザ

タイ 10月31日までビザ(ノービザ)の滞在期間延長

タイ 10月31日までビザ(ノービザ)の滞在期間延長が9月28日に内閣で承認されました。オーバーステイを厳しく取り締まるとアナウンスされた矢先に、延長が発表されました。15万人以上の外国人がタイに取り残されている状態ですから延長の措置は賢明な判断です。
ビザ

タイ 9月26日でビザ(ノービザ)の滞在猶予期間終了

タイ 9月26日でビザ、ノービザの滞在猶予期間は終了しました。15万人以上の外国人がタイに取り残されています。入国管理局の副スポークスマンは「観光ビザのオーバーステイは、刑期と移民法に基づく罰金の両方で罰せられ」出身国に強制送還されるだろうと述べました。
ビザ

タイイミグレ滞在猶予期間終了を前にビザ延長手続きの告知

タイにビザ(ノービザ)の滞在期間は9月26日までです。2020年9月6日(土)にタイイミグレーションの公式フェイスブックに11ヶ国の言語で、今後はビザ延長手続きの混雑が予想されるため、早目にビザ延長手続きを行うようにとの案内がありました。
ビザ

タイ イミグレーションがビザ(ノービザ)の滞在期間9月26日まで再延長

タイ イミグレーションがビザ(ノービザ)の滞在期間が9月26日まで再延長されました。90日レポートも9月26日まで免除です。帰国できないという延長措置という考え方でしたが、延長手続きをせずに9月26日以降も出国しない場合は、法的措置が取られます。