タイ 国立博物館と史跡を無料開放

バンコク国立博物館美術館・アート

タイ文化省芸術局が発表

タイ文化省芸術局が新年の贈り物としてタイ国内のすべての国立博物館と史跡を2022年12月30日~2023年1月2日まで無料公開すると発表しました。

バンコク国立博物館

バンコク国立博物館

バンコク国立博物館では、プッタイサワン王座ホールで「モンコン・ブッダクン」が2022年12月28日~2023年1月8日まで、祝日を除く毎日AM9:00~PM4:00(2022年12月30日~2023年1月2日まで、開館時間: AM9:00~PM7:30)まで開催されます。

仏像に敬意を表する特別なイベントが毎日開催されます。Phra Phuttha Sihing(プラ・ブッダ・シヒン)とボウォン サタン モンコン パレス (ワン ナー) の神聖な仏像は、本尊の仏像です。長い歴史を持つ9体の仏像とともに美しい仏教芸術を鑑賞できます。

さらに、バンコク国立博物館では12月30日から1月2日までの間、午後4時から7時半まで、夜のフロントパレスの古代建築の壮大さを強調する「Night @Museum」アクティビティが開催される予定です。これには料理の実演や、書籍や美術品の割引販売も含まれる予定です。

バンコク国立博物館HP

バンコク国立博物館のMap

タイ国立図書館

タイ国立図書館

タイ国立図書館では12月22日から、新年を楽しく過ごすためのセッションが開催されます。また、タイの新年のお祝いに関する展示も同日から2023年4月22日まで開催されます。

タイ国立図書館(National Library of Thailand)は、タイ王国の出版物、著作の保管と管理を行う国立の図書館です。1905年に3館の王立の文庫を統合して創設され、タイ王国内閣文化省 芸術局の内部部局である国立図書館部によって運営されています。

タイ国立図書館のMap

コメント