2022年4月1日からタイ入国前のRT-PCR検査が不要になります

covit-19イメージ旅行

Test&Go、Sandbox、検疫のすべての旅行者に適用

COVID-19状況管理センター(CCSA)は、3月18日にタイ入国72時間前のRT-PCR検査の陰性証明書は、Test&Go(テスト&ゴー)、Sandbox(サンドボックス)、または検疫で到着するかどうかにかかわらず、すべての旅行者に対して不要になることを承認しました。

Test&GoまたはSandboxプログラム入国する人は、到着時にRT-PCRテストを受け、ホテルに1泊。到着後5日目にATKテストを行う必要があります。サンドボックスの旅行者は、隔離エリアに5日間滞在します。検疫の旅行者は、5日間隔離され、到着後4日目または5日目にRT-PCR検査を受けます。

医療保険の補償

CCSAは、旅行者に少なくとも20,000米ドルのCovid-19医療保険を適用することを引き続き要求しますが、後で保険金の上限を下げる可能性が高いと述べています。

陸路、海上の再開

4月1日から、現在再開されているノンカイ、ウドンターニ、ソンクラーに加えて、南部のサトゥーンを経由して陸路で到着できるようになります。海上はプーケットとチョンブリーに加えて、スラートターニー港からの海上到着が許可されます。

空路では、現在再開されているスワンナプーム空港、ドンムアン空港、プーケット空港、クラビ空港、サムイ空港、チェンマイ空港、ウタパオ空港に加えて、ハジャイ空港が再開されます。

タイの2022年3月18日の感染状況

2022年3月18日(金)タイCOVID-19状況管理センター<the Centre for Covid-19 Situation Administration CCSA>は新型コロナウイルス新規陽性者は27,071人が確認されたと発表しました。230,603人が治療中。1,391人が重症・重篤で、511人が人工呼吸器を使用しています。死亡者は80人です。回復したのは21,52人でした。

新規陽性者の合計27,071人の内、49人は海外からタイに入国した人々で。国内感染には含まれません。3月18日の発表の時点で、累計の陽性者の数は3,303,169人。累計死亡者は24,075人です。

国内感染者

バンコク3,252人、ナコンシータマラート1,717人、チョンブリー1,256人、サムットプラーカーン976人、サムットサコーン942人、アユタヤ677人、チャチュンサオ656人、パトゥムターニ653人、ナコンパトム642人、ラヨーン628人などです。

コメント