エアアジアが25,900円(往復税込)~のプロモーション

タイスワンナプーム空港旅行

2021年に向けて、2020年10月4日までの限定予約

商業飛行のタイ~日本は現在運航していません。プロモーションの予約期間は2021年1月15日~10月31日です。

プロモーションの都市

  • 東京(成田空港)
  • 名古屋(中部空港))
  • 札幌(新千歳空港)
  • 福岡(福岡空港)

上記の4都市で関西空港は含まれていません。

現在のタイの商業飛行

ドンムアン空港

2020年8月12日、タイ民間航空局(The Civil Aviation Authority of Thailand:CAAT)は新型コロナウイルスの感染状況は多くの国で依然として深刻であるため、外国人旅行者がタイを訪れるための商業飛行の禁止は無期限であると述べました。この地点では2020年末あるいは2021年2月の春節休暇の時期まで、一般的な外国人旅行者のタイ入国はないだろうと述べています。

それ以降商業飛行は禁止のままで現在解除はされていません。バンコクへは特別便(Bビザ取得者、タイ人の配偶者がいる人など)のみ羽田、成田からの運航です。このことを考慮すると1月15日~は商業飛行が再開されるかどうかは未定です。

エアアジア・ジャパン

2020年9月16日にエアアジア・ジャパンは全路線全便を10月1日から運休することを発表しました。期間は夏ダイヤ最終日の10月24日までです。エアアジア・ジャパンは中部空港を拠点として、国内線は札幌と仙台、福岡、国際線は台北(桃園)の計4路線です。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響で、台北線は3月20日から運休しており、国内線は8月から約4カ月ぶりに運航を再開したものの、9月は中部-札幌線を12日と13日に1往復ずつ運航した以外は運休してます。

ベトナム航空

ベトナム航空(Vietnam Airlines)は、9月中旬に日本と韓国の商業飛行を開始すると発表されていました。9月18日にハノイ発成田行きVN310便が運航(成田到着は翌19日早朝)。日本路線に就航するのは3月23日にコロナウイルス感染拡大の影響で運休以来約6ヶ月ぶりの運航となりました。

ハノイ発成田行きに加え、ホーチミン発成田行きも運航する予定です。また、ベトナム航空当局の許可が下り次第、日本発ベトナム行きの運航も近日中に再開するとしています。

タイも270日の特別観光ビザが発表され、少しづつ再開されようとしていますが、商業飛行再開までの道のりは遠いようです。

コメント