バンコク ゴールドラインが10月開通予定

アイコンサイアムのクリスマス電車・車

全自動無人運転モノレール

アイコンサイアムの高島屋

2020年10月よりBMA(バンコク都・バンコク都市鉄道)はGOLD LINE(ゴールドライン)の第1フェーズ3駅が、運行開始すると発表しました。

ゴールドラインは2015年7月ショッピングモール、Iconsiamのカスタマーのサービスの一環としてIconsiamのオーナーによって提案されました。プロジェクトは2016年9月にタイの内閣によって承認され、当初、Iconsiamのオープン(2018年11月)に合わせて開通が予定されていました。Iconsiamに入店している高島屋の幹部が計画と違うとクレームを入れたようですが、タイは日本のように計画通りには物事は中々進みません。

運行ルート

  • Krung Thon Buri(クルントンブリー駅):BTS Krung Thon Buri駅
  • Charoen Nakhon(チャルンナコン駅):Iconsiam
  • Khlong San(クローンサーン駅)

運賃は15B

車両

ゴールドラインは全自動無人運転モノレール式です。大阪モノレール、ニュートラムに近い感じかなと思います。車両は中国の安徽省で製造されたゴム製タイヤを備えた「Bombardier Innovia APM 300」(ボンバルディア・イノビア)使用します。

ボンバルディア・イノビアはアメリカ合衆国ペンシルベニア州に本社がありますが、2014年11月に中国のCSR Puzhenと合弁事業契約を結び、中国市場向けの車両およびInnoviaモノレール車両の開発と製造を行っています。今回のバンコクの車両も中国からの輸入です。ゴムタイヤは騒音や振動を抑える構造で最高時速は80キロ。

第2フェーズ

ゴールドラインは将来のSRTダークレッドラインの延長と乗り換えを予定しています。さらにSomdet Chao Phraya Rdに沿って西に1km延長され、Phrajahipok Rdが終点。この延伸は2023年にオープンする予定です。

Iconsiamの発案によるだけのことはあり、今までサパンタクシンからの無料ボートでチャオプラヤ川を渡るか、BTSクルントンブリー駅から無料シャトルバスに乗るかの選択からは便利になります。

IconsiamのMap

コメント