MRT Huai Khwang(フワイクワーン)のナイトマーケットに行く

ナイトマーケット

MRT フワイクワーンの駅周辺は、コンドミニアムとホテルが数棟立っているぐらいで、大型ショッピングモールもなく、昔ながらのバンコクの下町風情が残る街です。

住居地区で、MRTの乗降客も多く、以前Asokeで働いていた時、朝の通勤時間帯は2・3回、電車を見送らないと乗れない程混雑していました。

交差点の角にガネーシャのある祠があり、1日中、老若男女を問わずお参りの人がたえません。

正座している方もいます。奥に仏陀が鎮座するお祈りをする場所もあり、都会の真ん中にありながら、神聖な感じが漂います。

この祠の周りに、占いの出店が10軒ほどあります。やはり占いはどこの国でもありますね。
北に向かって、Pracha Songkhro Rdの右側の通りは中華系の食堂が多くあり、マッサージ屋も数軒並んでいます。

Pracha Rat Bamphen Rd の左側の通りの両サイド100mくらいに、フワイクワーンのナイトマーケットがあります。

平日も営業していますが、ウイークエンドの方が人も多く、観光客よりは、地元の方がほとんどです。時間もPM9時ぐらいから人も増えますが、11時半ぐらいからがピークで、若者が多いです。
この周りにはライブハウスも多くあります。

バンコクでは2017年頃から政府主導で、屋台の撤去が進められています。このフワイクワーンのナイトマーケットも3年前は、歩道の道路側が屋台で埋め尽くされ、歩くのも大変なほど混雑していました。

現在、歩道の店舗側の屋台はOKで、道路側の屋台は禁止されています。

平日10時頃行った時は、屋台はなかったのですが、日曜日の11時半頃に行くと、全盛期ほどではないですが、道路側にも屋台が出ていて、緩和されたのでしょうか。活気がありました。

このナイトマーケットの特徴は、ラメ・スパンコールなどを用いた、派手でケバイ系のドレスやキャミソールなどが多く販売されていることです。

アクセサリー・靴・サンダルも同様です。ほとんどがレディース物でメンズは少ないです。

他のナイトマーケットの見慣れた洋服・Tシャツ・雑貨とは趣が違うので、カオス的な感じがして見ている分には面白いです。

通り真ん中あたりにホワイクワン・テラス(この辺りでは1番お洒落)があり、1階は洋服、2階はカフェバーです。

フードの屋台も多いですが、シーフードの食堂も数軒あり、トムヤムクンなど美味しくて、リーズナブルです。

お店の前に、氷の上にエビ、貝、カニなどが並べられて、地元の方で賑わってます。
フルーツ屋もあり、通りを入ってすぐにあるカットフルーツの店は、種類が豊富です。

ナイトマーケットは川の手前ぐらいまでで、川を超えると、フワイクワーン市場で、飲食店の仕入れの人達御用達です。

▼フワイクワーン・ナイトマーケットMap

コメント