CHIANGRAI UNITED (チェンライ・ユナイテッド)VS BANGKOK GLASS FC (バンコク・グラス FC)を観戦しました。

サッカー

2018.10.17 土曜日 PM7:00~Thammasat Stadium Rangsitに リーグカップの決勝 CHIANGRAI UNITED (チェンライ・ユナイテッド)VS BANGKOK GLASS FC (バンコク・グラス FC)を観戦しました。

先日チケットは購入していたので、キックオフ1時間前に到着できるようにしました。

昼間も雨が降り、タクシーで移動中も、また雨。試合の途中で中断するよりは試合前に降るほうがマシですが。

スタジアムはパトゥムターニー県ランシットにあり、バスは時間がかかるため、タクシー。距離にして42㎞、これって大阪~京都まで。

タマサート大学の敷地が広大で、大学構内に入ってから、運転手さんにGoogle Mapを見せながら、スタジアム付近に到着。

大学内にある2万人収容のスタジアムです。400TB(内高速料金100TB)で40分ぐらいで到着。

ファイナルだけあって、屋台もたくさん出ていて、雨の中、サポーターはフラッグを降りながら、歌い会場を周ってました。多くの人が詰めかけていて、ゲームが始まる前からいい雰囲気です。

雨が一段と激しくなる中、長蛇の列に並び、手荷物検査を受けて、ゲートを通過。

バンコクグラスのゴール裏の席で、屋根がないので、スタジアム入口の階段付近で待機。選手入場と、国歌斉唱が終わったら、雨がひどいので、選手は引き上げ、中断に入りました。

以前バンコクグラスのホームスタジアムで、同じカードで、前半40分で一時中断したゲームを観戦したので、試合が始まる前のほうがまだましです。

試合が始まるまで、スタジアムの下のエリアで待機。小降りになって、グランドキーパーの整備が始まり、1時間後、キックオフ。


サポーターの数は、メインスタンドをセンターにデッドスペースを作り、左側にバンコクグラス、右側にチェンライ。ゴール裏はホームが近いバンコクグラスは1/3ぐらい。圧倒的にバンコクグラスのサポーターが多いです。

前半

バンコクグラスが攻勢に出ますが、惜しいシュートもありながら。0-0

後半

64分 ピッチ状態が悪く滑ったDFを置き去りにし、キーパーと1対1。キーパーがはじくも、こぼれ球がチェンライに渡り、GOAL 1-0

1点先取したチェンライは引いて守り、バンコクグラスは攻めるも得点ならず。

90分 アディショナルタイムに入った時、バンコクグラスが攻めて、ゴール前で、ハンドか?という場面に、タイリーグで来季から導入の、VAR

バンコクグラスにPKが与えられるも、キッカーが外して、万事休す。劇的な幕切れでした。

今シーズンの5位と14位のチームの差が出ました。

圧倒的に多いサポーターの歓喜と失望の溜息で試合終了。


優勝セレモニーの準備が行われる中、バンコクグラスのサポーターはコアの人を除いて一斉に帰り始めます。観客の3/4ぐらいが帰り、セレモニーは、少し寂しい感じでした。

メインスタンドで、メダルの授与があり、CL Finalなどでお馴染みの「We Are the Champions」が流れ、花火が打ち上げられ、Finalって感じがして楽しかったです。

来季はバンコク近郊以外の他都市にも行こうと思います。

▼タマサート大学メインスタジアムのMap

コメント