バンコク 店内飲食禁止の影響と補償

covit-19イメージ環境

6月28日から30日間の店内飲食禁止

6月26日の夜に30日間の店内飲食禁止の新しい厳格な措置が通知されたために、レストランの経営者からは不公平であると述べています。

シズラーレストランチェーンの運営者でSLRTのマーケティング担当副社長は、新しい措置により、57軒中31軒のシズラーレストランが飲食サービスを停止し、デリバリーと持ち帰りのみを提供しなければなりません。新しい措置により、売上高は40%減少する可能性があり、その後、配送方法、広告費の削減、より効果的な原材料購入管理にさらに重点を置く必要があると述べました。

タイスキレストラン事業のパイオニアであるコカホールディングインターナショナルの最高執行責任者は、原材料の在庫をより効率的に管理できるように、少なくとも5日前に通知する必要がありました。明日使用するためだけに肉や野菜を購入するために市場に出向くことはありませんと述べています。

Penguin EatShabuレストランのオーナーは、バンコクの新しいレストランを閉鎖しなければならない可能性があると語り、コロナパンデミック1年半の間傷つき、政府は私たちを支援することを約束しましたが、私たちが受け取るのは単なる空の約束です。全体的にレストラン運営者は、政府が資金と援助を割り当てなければならない優先分野ですと述べました。

タイレストラン協会の会長は、新たな禁止措置により数十億バーツが失われると予想していると述べました。

政府の補償

プラユット首相は、新しい新しい厳格な措置の影響を受けた人々を支援するために、75億バーツの救済補償が用意されると。さらに救援措置が後で他の県でも開始されると述べました。

国家経済社会開発庁事務局長のダヌチャ・ピチャヤナン氏は、首相の経済チーム会議の後で、バンコクと隣接する5つの県で影響を受けたレストラン、飲食店、建設業に対して75億バーツ相当の救済補償が承認されたと述べました。

この補償は、社会保障制度の内外の雇用者と従業員を対象としています。

75億バーツのうち、40億バーツは、1兆バーツの融資から引き出され、残りは社会保障基金から割り当てられます。

また特に小さな飲食店については収入を補うために建設労働者のキャンプに食べ物を配達するためにタイ請負業者協会に協力を求めました。またバンコクと近隣の県での1か月にわたるCovid-19制限期間中のレストランの労働者を補償する政府の援助計画は十分ではないとして、タイレストラン協会の会長は政府に配達されるミールボックスを買うことによって中規模のレストランを助けるように呼びかけました。

仮設病院のスタッフや閉じ込められている建設労働者キャンプにミールボックスは、資金不足の事業者のキャッシュフローを改善するのに役立ちます。

日本でも飲食店が営業禁止、時間短縮などで補償の問題が取りあげられます。日本ほどの補償がないタイの飲食店は益々厳しい状況に追い込まれます。

コメント