バンコク コロナ禍のソンクランの様子

バンコク2021年ソンクランイベント

ソンクランの人気スポット・シーロム・セントラルワールド・カオサン

2021年4月13~15日までタイのお正月(ソンクラン)で振替合わせて6日間の休日です。11日(日)からバンコクの街は人も少なく道路もすいています。

昨年は新型コロナウイルス感染拡大でソンクランの休日を12月に振替る措置が行われ、ソンクランの水かけ祭り・イベントはすべて中止。今年は水かけ祭りは中止、一部のイベントはOKとなりましたが、ソンクラン前にバンコクで娯楽施設のクラスターが発生、タイ全土で感染が急拡大し、水かけ祭りだけでなくイベントも中止です。通常ならば水かけ祭りで賑わうスポットを訪れました。

Si Lom(シーロム)

バンコク2021年ソンクラン

シーロム通りは何のイベントもなく、普段と変わりません。交通量が非常に少なく歩いている人も少ないです。シーロムまでMRTに乗りましたが、ガラガラです。

バンコク2019ソンクラン

2019年のソンクランです。シーロム通りは歩行者天国になっていて、多くの人が水鉄砲片手に、楽しんでいます。

Central World(セントラルワールド)

バンコク2021年ソンクラン

BTSチットロムのセントラルワールド前です。アイキャッチ画像でも使用していますが、サーフィンとスケートボードのイメージでスケートパークが設営されています。またソンクランのイベントコーナーもあります。

BTS Sala Daeng(サラディーン)からSiam(サイアム)までの電車はこちらもガラガラでした。

営業時間:4月9日~18日 PM4時~9時

バンコク2019ソンクラン

2019年のソンクランです。セントラルワールド前では大音量でライブも行われ、威力のあるホースで水が撒かれていました。

Khao San Rd(カオサンロード)

バンコク2021年ソンクラン

水かけ祭りは中止になりましたが、当初、カオサンロードではイベントが開催される予定で、カラフルなカイトが通りに設営されています。新型コロナウイルスの急拡大で、バー・クラブが営業停止となり、クラスター発生を危惧してカオサンロードの飲食店・雑貨小物店などが営業を中止しました。

カオサンへはセントラルワールド前のバス停から2番のバスを利用しました。道路はすいているのであっという間に到着。

バンコク2021年ソンクラン

お店がオープンしていないので、歩いている人も少ないです。入口から人が集まっているのが見えて何かなと思って近づくと、PCR検査の移動車でした。検査時間が終了し、撤収作業に入ったところでした。ソンクランに合わせて準備されたカラフルなカイトの下で。現在のコロナ禍の現状を物語っています。

ソンクランランに着用する花柄シャツ

通常ならコンビニ・スーパーの店員さんも花柄シャツ着用、街を行き交う人も花柄シャツの着用率が高くお祭り気分になるのですが、今年は着ている人が本当に少ないです。ボーベー市場では通常の10分の1しか花柄シャツは売れなかったようです。

来年のソンクランは新型コロナが収束して、水かけ祭りができるといいのですが。

コメント