タイ2023年1月9日から入国時の規制変更

covit19ワクチンのイメージ旅行

タイ入国に新型コロナワクチン接種証明が必要

スワンナプーム空港

1月10日、新型コロナワクチン接種証明書の提示は不要と発表されました。

タイ入国時の規制の変更について、タイ民間航空局(CAAT)は、 タイへのフライトに搭乗する前にすべての海外旅行者が完全な新型コロナワクチン接種証明を提示するという要件が1月9日月曜日の午前1時からタイに着陸するフライトに適用され、少なくとも月末まで有効です。タイへの入国を予定されている方は、搭乗予定の航空会社のホームページなどをご確認ください。

ワクチン接種証明の要件は昨年10月に廃止されましたが、中国からの渡航が世界中で再開されようとしているため、要件が復活しました。 多くの国は、中国が先月ゼロコロナ制限を廃止して以来、新型コロナが中国を席巻していることを懸念して、特別な措置で対応しています。

タイに渡航する乗客への入国時の必要事項

18歳以上の乗客は、以下のいずれかを提示する必要があります。

新型コロナワクチンに関する書類

  1. 新型コロナワクチン接種完了証明
  2. 新型コロナ感染から回復して6ヶ月(180日)以内であることを示す医師の手紙。
  3. 新型コロナワクチンを接種していない人は、接種しない医学的理由に関する医師の手紙。

ワクチンの必要接種回数は、ワクチンの種類により1回、2回、3回と異なります。詳細は
タイ民間航空局(CAAT)のHP

新型コロナの治療費を含む保険

タイからの帰国時に新型コロナを理由に入国制限のある国(例: RT-PCR検査が陰性であることが入国条件である国)からタイに入国する乗客は、新型コロナの治療費をカバーする旅行保険に加入しなければならない。これは、タイを離れる前に陽性反応が出た場合に、治療費が確実にカバーされるようにするためで10,000 米ドル以上の健康保険に加入している必要があります。 保険加入期間は、タイ滞在期間プラス7日間必要。

書類の提示が免除される乗客

  1. 18歳未満の乗客
  2. タイのパスポートを保持している乗客
  3. 航空機乗り継ぎのみで、タイに入国しない乗客。

航空会社は 乗客が搭乗する前に関連書類を確認する責任があり、 乗客がこれら必要書類を提示できない場合、搭乗は拒否されます。飛行機搭乗中に新型コロナの症状のある乗客は、タイ到着時に検査を行うことが推奨されます。

2022年12月29日時点では中国からの旅行者のCovid検査は行わないと発表されましたが、世界各国の対応なども考慮して、タイ入国に新型コロナワクチン接種証明書が必要になりました。今後の規制変更に注視していきます。

コメント