マレーシア プーケットの「サンドボックス」を参考にランカウイを再開

タイのクラビ島旅行

9月16日からランカウイはトラベルバブル計画の下で開放

マレーシアもタイ同様、新型コロナウイルスベータ株で感染拡大し、6月1日クアラルンプールをロックダウンしました。パンデミックで最悪の打撃を受けた経済の一部を再建する取り組みを再開するため、ランカウイ島の観光再開する予定です。

少し前に、首相が交代したマレーシアです。イスマイル・サブリヤコブ首相は ケダ県のランカウイ島は9月16日からトラベルバブル計画の下で地元の人々に開放され、地域の予防接種率が80%に達したときに、他の目的地の運営が許可されると述べました。

マレーシアは、人気のリゾートアイランドのプーケット「サンドボックス」に基づくタイの観光再開計画を反映して、日々の感染者数が増加しているにもかかわらず、Covit-19との生活の準備をしています。

マレーシアの感染とワクチン接種状況

マレーシアはロックダウンにもかかわらず、新規コロナウイルス感染者が急増していて、8月末の1日で記録的な24,599人に達し、東南アジアのCovid-19ホットスポットになりました。

9月2日木曜日は20,988人の新規感染者を確認しましたが、ワクチン接種が増加中で、新型コロナウイルスの実効再生産率は、数ヶ月ぶりに全土で1を下回りました。

保健省によると、成人人口の84%以上が少なくとも1回のワクチン接種を受けており、64%が完全に接種しています。予測データに基づくと、各県の成人の平均予防接種率は、9月末までに80%、10月末までに100%に達すると予想されています。

最終的には、世界中の場合と同様に、Covid-19と一緒に暮らす必要があります。

プーケットの最近の状況

2021年9月3日(金)タイCOVID-19状況管理センター<the Centre for Covid-19 Situation Administration CCSA>は新型コロナウイルス新規陽性者は14,653人が確認されたと発表しました。 現在159,800人が治療中(病院37,770人、仮設病院や自宅等122,030人)。4,740人が重症・重篤で、1,011人が人工呼吸器を使用しています。死亡者は271人です。回復したのは18,262人でした。

サンドボックス」が行われているプーケットでは、新規陽性者は235人が確認されたと発表しました。9月2日には「サンドボックス」プログラムの下で2人の海外からの渡航者が確認されました。プーケットは島民の70%以上がワクチン接種を完了していますが、最近新規陽性者が増えています。

コメント