2022東南アジアサッカー選手権準決勝1Leg

三菱エレクトリックカップサッカー

タイ VS マレーシア

三菱エレクトリックカップ

AFF MITSUBISHI ELECTRIC CUP2022のセミファイナル、タイ VS マレーシアの1Legは2023年1月7日 PM7:30マレーシアホームでキックオフ。Tスポーツ7チャンネルでTV観戦しました。タイの隣国マレーシアのホームでタイ代表は1度も勝ったことがありません。圧倒的にマレーシアサポータが多く、完全なアウェイです。スタジアムはマレーシアの黄色のサポーターで埋め尽くされています。

前半

4分:タイがコーナーキックを2本続けてチャンスを作りますが、惜しくもティーラシンに合わず。
8分:マレーシアのコーナーキックは、キーパーセーブ。
11分:マレーシアのロングパスが通り、ヘディングで折り返したボールをファイサル・ハルムが決めてGoal。タイ 0-1 マレーシア

三菱エレクトリックカップ

21分:タイ、ゴール前でチャンスを作るもシュートは枠を外れます。
25分:給水タイム
28分:マレーシアのシュートは枠に飛びません。
両チームとも決定的なチャンスは作れず、アディショナルタイム2分、 タイ 0-1 マレーシア 前半終了。

後半

マレーシアに先制されたタイは序盤から攻撃的にゲームに入ります。

三菱エレクトリックカップ

46分:タイのテーラシンのヘディングはゴールならず。
52分:タイのコーナーキック。キーパーキャッチでノーチャンス。
54分:マレーシアのフリーキックは、キーパーが前に出てパンチングできず、Goalかと思われましたが、キーパーのサイドでタイのDFにマレーシアがファウル。ゴールは取り消されました。タイのDFパンサーは頭部を負傷。一時両チームとも審判囲んで騒然となりました。

三菱エレクトリックカップ

62分:右サイドからタイのエカニックがドリブルでシュート、Goalならず。
88分:タイが何度もチャンスは作りますが、シュートは枠を外れます。
アディショナルタイム5分で、試合は終了。タイ 0-1 マレーシア

三菱エレクトリックカップ

スタッツ

シュート:タイ24、マレーシア6
枠内シュート:タイ6、マレーシア1
ボールポゼッション:タイ73%、マレーシア27%
パス:タイ557、マレーシア221

タイ圧倒的にゲームを支配しましたが、ワンチャンスで1点決めたマレーシアが勝ちました。2Legは1月10日 PM7:30タマサートスタジアムで行われます。

インドネシア VS ベトナム

1月6日、インドネシアホームで行われました。
スコアーはインドネシア0-0ベトナム。2Legは1月9日、ベトナムホームで開催。

コメント