バンコクのクリスマスディスプレイ プロンポン編

ショッピングモール

前回はチットロム周辺のセントラルワールドを中心にクリスマスディスプレイを紹介しました。

今日はBTS Phrom Phong(プロンポン)駅と直結した高級ショッピングモールエンポリアム(EMPORIUM)とエムクオーティエ(EmQuatier)のクリスマスディスプレイを紹介します。

エムクオーティエはエンポリアム2号店と同様で、同じグループの商業施設です。

エンポリアムは1997年に開業した老舗のショッピングモールですが、2015年に全面リニューアルし、同年にエムクオーティエもオープンしました。

現在はプロンポンのランドマークです。2店舗ともハイブランドが集積しています。

エムクオーティエの前のスペースには、巨大ツリーが設置され、ツリーを囲むように、大小のツリーや雪のお家、キャラクターなどがディスプレイされていました。

エンポリアムとエムクオーティエの連絡通路にはアーチになっていて、大小の赤のオーナメントボールが吊り下げられています。インスタ映えするのもあって、皆さん思い思いのポーズを決めて写真撮影大会です。

オーナメントを頭に乗せてみたり、手で持ったりと。老若男女問わずです。本当にバンコクではいろんな所でポーズをとって写真撮影しているのを見かけます。

大小のツリーは2店舗共通です。何故かオーナメントプレートに日本語で「良いお年を」というのがあります。
クリスマスカードで「良いお年をお迎えください」と書くような感じだと思います。日本ではクリスマスが過ぎたら、一斉に撤去。お正月のディスプレイに変わりますし、クリスマスカードより年賀状の方が一般的ですから。欧州、アメリカも年が明けて10日ぐらいまではクリスマスツリーが飾られています。

エンポリアムの吹き抜けのディスプレイが私は1番気に入りました。木で作られたツリー・トナカイ・ハウスがライトで装飾され、木の質感のぬくもりがあり、シンプルでハイセンス。高級なエンポリアムにはピッタリです。

クリスマスはどうしても冬の寒いイメージですが、南半球ではこれから夏ですし、世界は広いので、暑い夏のクリスマスをタイの方と同じように楽しみたいですね。

プロンポンからAsoke(アソーク)にも行ったのですが、ターミナル21はまだでした。BTSからターミナル21までの通路の天井部分もライトは取り付け済でしたが、ライティングがまだです。
次の機会に紹介できればと思っています。

コメント