バンコク スパチャラサイ・スタジアム(Suphacharasai Stadium)と周辺を散策する

サッカー

BTS National Stadium(ナショナルスタジアム駅)下車。駅の真正面にあるのがインドアスタジアムのニミブットスタジアムです。主にフットサルの大会で使用されます。

Rama I Rd(ラーマ1世通り)を西に歩くと、テーパハッサディンスタジアムがあり、以前U19の大会が開催されたこともあります。

その先に1935年に建設され、1966年・1970年・1978年のアジア競技大会のメイン会場として用いられ、ACL、代表戦に使用される35,000人収容のスパチャラサイNational Stadiumがあります。

最近では、10/27(土) タイリーグ Chang FA Cup 2018 決勝 チェンライ・ユナイテッドVSブリーラム・ユナイテッドの試合が開催されました。

今日はもちろん試合はありませんが、スタジアム外周には入れます。この辺り一帯がスポーツ関連施設が多いので、スタジアム外周をランニング、ウォーキングしている人が多くいます。スタジアムの中を覗くことはできました。

スタジアムの外壁にはアジア大会の歴代金メダリストの名前が印されて、レトロで歴史を感じさせるスタジアムです。是非とも試合観戦をしたいです。


スタジアムを出てSoi Chulaongkom 5(ソイ チュラロンコン5)を南にぷらぷら歩きます。

Suanluang Square(スアンラング スクエア)など商業施設が並んでいます。飲食店が主ですが、閑散としていました。この通りは街路樹が植えてあって、雰囲気はいいのに、歩いている人も少なく、商業施設は難しいのでしょうか。

その後、5分ぐらい歩くと左にChulalongkorn University Centenary Park(チュラロンコン大学100周年公園)右にI’m Park(アイム パーク)の交差点に突き当たります。

この公園はチュラロンコン大学(タイNo1の国立大学)が創立100周年を記念して、ショッピングと商業の中心に位置するこの地域に緑豊かな環境を提供するために造られました。

公園は斜度が付いていて、デザインされた設計です。洪水が増えるバンコクのインフラを考え、貯留池、地下水排水システムを備えて、子供のための施設も併設されています。ランニングしている人もいましたが、今まで訪れた公園の中では、一番人が少ないです。

この公園から南西には高層の建物がないので、綺麗な夕焼けが見れます。公園でのんびり過ごして、アイム パークに向かうと、建物正面にクリスマスツリーの装飾準備中。

店内は、3階建てで、階段と通路を変形に組み合わせた、ナチュラルな内装です。ザ・ナインの雰囲気に似ています。1・2Fは飲食店、3Fは子供のための教室、ミーティングルームなど。ダイソーもあり、日本食のお店も多数ありますが、全体的に閑散としています。帰るときにはクリスマスツリーは完成していました。

この地域はチュラロンコン大学関連の施設が多く、文教地区です。

樹齢が何百年という緑多い大学施設の中を通り抜け、Phayathai Rd(パヤタイ通り)まで歩き、MBKセンターを通って、サイアムに着きました。

▼スパチャラサイNational StadiumのMap

コメント