バンコク ビエンナーレ Phloen Chit(プルンチット)に奈良美智氏の作品を観に行く

美術館・アート

バンコクビエンナーレの4回目はPhloen Chit(プルンチット)です。

多くの方にとってはプルンチットはBTSの駅だと思います。

今日もRama9からペチャブリーまで歩き、Asoke(アソークピア)から水上ボートで、Witthayu(ウィッタユ)まで行きました。水上ボートは道路のように渋滞がないのが便利です。

Witthayu Rd(ウィッタユ通り)を少し南に歩くと、Nai Lert Park Heritage Home(ナイ・ラート・パーク・ヘリテージ・ホーム)があり、奈良美智氏の作品が出展されています。

ウィッタユ通り沿いの門はクローズで、中は工事中でした。横道から入ると、看板があって、裏門のような感じの所です。私有地につき立ち入り禁止の看板が設置されていました。

ガードマンさんにビエンナーレが見たいと伝えると、「こっちだよ」と教えてもらって、奈良美智氏の作品を見ることができました。庭園の端に設置されていて、高さは5メートルぐらいはあります。クリーム色で優しい雰囲気の作品です。

営業時間が木・金曜日 AM11時~PM4時という情報はでていますが、庭も、中の方の建物も工事中でした。ビエンナーレ公式にはあと1作品出展があるのですが、中に入れずよくわかりませんでした。

その後、スイス大使館、英国大使館があるウィッタユ通りを歩き、プルンチット通りと交差するCentral Embassy(セントラル・エンバシー)へ。英国大使館も工事中でしたが、さすが大英帝国、広大な敷地です。

セントラル・エンバシーの屋外にCHOI JEONG HWA(韓国)Fruit Treeの作品が設置されてました。

セントラル・エンバシー店内の中にも作品があるとビエンナーレ公式には載っていたのですが、見つけることができませんでした。本日のビエンナーレの紹介はここまでで、プルンチット駅付近の紹介です。
バンコクビエンナーレ公式HP

セントラル・エンバシーは高級ショッピングモールです。2Fまではハイブランドが集積しています。
各店舗はクリスマスのディスプレイになっていますが、モール全体はまだでした。

今回のクリスマスディスプレイでオブジェが一番印象に残ったウインドウです。

駅周辺はオークラ・プレステージ バンコクなど高級ホテルが数棟建っています。Central Chidlom(セントラル チットロム)の横の空き地にクリスマスツリーの枠組みが作られていました。綺麗なツリーだった記憶があるので、12月になったらまた訪れたいです。

ぷらぷら歩いているとアユタヤ銀行本社前で友人に偶然会い、広いバンコクでも会うことがあるのかなぁと思いながら、セントラル・チットロムの横を歩いて、チットロム ピアから水上ボートに乗って帰りました。

水上ボートは往復30TB。

▼バンコクビエンナーレ 奈良美智作品ナイ・ラート・パーク・ヘリテージ・ホームのMap

コメント