バンコクの60TBショップの考察

ショッピングモール

日本では100円均一ですが、タイでは60TBショップです。

日本でも最大手のダイソーはバンコクだけで60数店舗。タイ全土に展開しています。バンコクの主なショッピングモールにはほとんど入店しています。Rama9のセントラルプラザUG階にもあります。

日本からの輸入商品なので、60TBで日本円に換算(1TB=3.5円)すると210円で日本の価格の倍ですし、物価を考えると、リーズナブルな商品ではありません。日本に住んでいたタイの友人は、タイのダイソーは高いと言います。

確かにそうですが、日本で生活していた私は日本独自の便利な物もあるので、たまに行きます。主に買うのは、コーヒーペーパー、コロコロの取替シートぐらいです。

内装デザイン・棚割も日本と同じイメージです。今までに行った店舗は売場面積が狭いので、ダイソーの本来の商品アイテムからは、かなり絞り込まれています。

日用品に関しては絞り込みすぎて、アイテムの種類があまりに少なくチョイスができないです。(例)床用の取替シートのウエットタイプがなく、ドライのみ。

日本の童謡が流れる店内のBGMが、気になります。日本の意識付けでしょうか。

バンコクのスーパー(BigC、ロータスなど)の店舗の中にも60TB均一のコーナーがゾーイングされています。まだまだスペースは広くはないですが、徐々にタイにも浸透しています。

KOMONOYAも60TB均一の日本に本社がある会社です。バンコクに10数店舗あり、タイ全土に展開中。

日本ではWatts(ワッツ)、Meets(ミーツ)などの店舗名で1,100店舗以上展開していて、ダイソーとバッティングしない地域に、(少しローカルなショッピングセンターなど)出店しています。大阪で何度か行ったことがある100均がミーツでした。

プロンポンのフジスーパー1号店の横に、Watts by KOMONOYAの店舗名で6月にオープンしています。

以前の店舗ネオからリノベーションはしていますが、エントランスはそのままで、ビル側の規制があったのかもしれませんが、KOMONOYAのコンセプトの日本をモチーフのオブジェは使用されていません。それもあってか店舗名をWatts by KOMONOYAにしていると推測されます。

商品構成は日用品から、小物雑貨まで多種多様です。内装デザインも鳥居をエントランスのオブジェに使用して日本のイメージを強調しています。什器も木を使用して、ナチュラル感を演出しています。


ダイソーと比較して、商品アイテムが格段に多いのと、好感度な商品もかなりあります。
商品の差別化や、店舗のネーミング・内装など日本の100均とは全く異なる、海外市場を意識したマーケッティング戦略です。

Rama9のセントラルプラザ5階にあり、個人的には床用の取り換えシートのウエットタイプが売っているので、重宝しています。

▼KOMONOYA Rama9セントラルプラザ店Map

▼Watts by KOMONOYA  Map

コメント